NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

新章開廷!→即閉廷でもいい気がする

ついに噂の逆転裁判4をプレイし始めました。

で、1を初めてプレイしたときはこれは確かに評判がいいのも納得の面白さだと第1話の時点で理解できましたが、この4はまさにその真逆です。第1話クリアのたった2時間足らずの時点でもうダメな気配がプンプンします。

のっけから真犯人がポエムな表現のせいで自爆していたり、そもそも主人公の身近な人物が実は…というパターンにしても、普通は時間や描写を重ねた中盤以降で発覚するから意外性があるのであって、こんな風に超序盤でやられては驚きもへったくれもありません。

そして何より新主人公が最初の法廷を捏造証拠で勝訴するというオチには開いた口がふさがりませんでした。

新主人公の門出がいきなりそれかよという気が多いにしますが、この新主人公オドロキ君の方はまだいいのですよ。

過去作でも御剣が過去の裁判において(自分の知らないところで)捏造された証拠を用いて勝訴したというエピソードはありました。その事実にショックを受けた御剣は検事としてのあり方や真実とは何かを模索するために姿をくらましましたが、その後続編では自分なりの答えを見つけ成長して帰ってきました。
ですから、オドロキ君の方も今後の展開しだいでは十分成長と挽回の余地はあると思うのですよ。

問題は渡した方です。
捏造証拠を用意して(娘経由で)渡したのがよりによって法曹界から追放された前作までの主人公であるナルホド君というから呆れを通り越して怒り沸いてきました。

すごいですよ、上の一文だけで3までのナルホド君をことごとく否定しているのですから。

依頼人を真っ直ぐ信じ、不正な行為など行わずに戦ってきたこれまでのナルホド君のスタイルを否定し、法曹界追放でこれまで描いてきた弁護士としての成長物語も否定。
もう弁護士じゃないからと言う理由で平気で証拠を捏造するというゲスに成り下がった上に、あろうことかその捏造した証拠を新人弁護士に使わせるという人間性を疑う行動。バレていたらオドロキ君の弁護士人生もいきなり終了しかねません。

なにこのすがすがしいほどのクズは。千尋さんも浮かばれませんし、ゴドーがいたら確実にコーヒー飛んできてますよ。

これで出番がこの1話だけならこれ以上傷口が広がらないのですが(既に致命傷ですけど)、コイツまだかなり隠している事があるようで、今後ストーリーに絡む気マンマンなのが大きくやる気を削ぎます。

とりあえず始めたからには一応最後までプレイするつもりですが、こんなにも先が期待できないADVは初めてです。むしろどれだけ悪くなるのか逆の意味で期待したほうがいいかもしれませんな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1347-578eb341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad