NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

昨日の話なのですが何かいつものように夕食食べながらネット閲覧していたら、「フジテレビの特別報道番組ですが安部内閣について電話でアンケート調査をしているのでご協力お願いします」とかいう電話がかかってきました。

そっちから一方的に電話してきて協力も何もあるのかよと思いつつも、電話口のオペレーターの人に言っても仕方がないので丁重にお断りしました。それにしてもこちとら1日数回仕事で取引先や顧客に電話するだけでも結構緊張するのに、こういう見ず知らずの他人のところへ次から次へと電話をかけられる神経とそれを仕事にできる忍耐力はすごいなと変に感心してしまいました。



「カラドリウス」待望の新システム「羞恥ブレイク」の全容がついに明らかに。これはかなり脱衣

敵も味方も攻撃を受ければ受けるほど衣服が脱げていき同時に攻撃力もどんどん上がっていく…つまりアレですか、裸身活殺拳のオマージュというわけですな!懐かしいなオイ。

まったく、いったいいつからSTGはこういう露骨な萌え要素でユーザーを釣るようになってしまったのでしょうか。昔ながらの硬派な世界観のゲームはどこへ行ったのやら、そりゃこんなキモオタ御用達のばっかりしか出ないようでは廃れて当然ですよ。

…などという架空のユーザーの存在をでっちあげるのはやめておくとしまして、私自身はそれほど悪い印象ではなかったりします。

なぜなら例えエロであってもご褒美を用意してプレイヤーへのやる気を促すようにしているわけですし、それにしてもキャラデザにそっち方面(あんまり詳しくないですけどいわゆるラノベ系)の方を採用してある種きちんと力を入れているのですから、好みは別にしても努力は買います。少なくとも巨大メカ美少女が戦闘機に変形するSTGで緒方剛志さんの無駄遣いをしている某社よりかははるかにまっとうな戦略だと思いますよ。

あとはゲーム内容がそれに負けずにちゃんと面白くなっていれば多少の暴挙は許されるはずなので期待したいものです。



一方そんな某社の最新作はと言いますと相変わらずのストーリーやキャラでして、ホント頭が痛くなります。

しかしそう言いながらも超限定版をさっさと予約してしまう辺りSTGユーザーというのは心底どうしようもない連中ばかりのようです。



ついでに社長ラブのサイトも取り上げておきましょう。上の2つが萌えだらけでイヤだ、硬派なSTGをお望みの方々はこういうのも出るという事をお忘れなく。

サントラにライブ映像に社長の連載コラムまで収録とかこりゃもう限定版買うしかないわめ。



最近挑戦中の虫ふたマニアックはと言いますと何とかボチボチ5面までいけるようになってきたという感じです。結局キャラはノーマルレコに落ち着いてスコアはそこまでで約2億なので、5面で2NDエクステンドと1UPアイテムを取ってラストまで到達できれば後はボムゴリ押しでいけそうな目処は立ってきました。

難所はやはり3面後半のダンゲム・ズィ地帯と4面の蛾が出てくるところですかね。ダンゲム・ズィは扇状のWAY弾を撃ってくるヤツが最も危険ですが、何気に同時に出てくるヴァンギュンの弾も隙間が狭くて追い詰められがちです。蛾は第2形態はともかく、最初の形態の攻撃がどう動いていいのかいまだによくつかめません。素直にちょん避けしても当たることが多くて現状ほとんど気合です。特に終盤2体続けて出てくるところはザコの攻撃と合わさってボム確定ポイントですが、ここは仕方ないと割り切ってます。



『とびだせ!スーパースィープ!!(仮)』 Ver0.2 放送 「ホワイトデー?いいえ、ゲームミュージックの日です(キリッ」

19時から放送だったので開始時間に間に合わなかったのですが、帰宅していざアクセスしてみると1時間経ってもまだとびだしておらず、結局スタートしたのが20時過ぎで苦笑いしました。

本編の内容的にはギンガフォースのサウンドに関してがほとんどで、作曲陣のインタビューはもちろん、キュートの開発スタッフ4人のビデオレターコメントも見れて個人的にはかなり有意義な内容でした。ギンガは安井さんがディレクションで他のメンバーやYack.さんに各チャプターをお任せするというサウンド形体でしたが、個人的に気に入った曲を選んでいくとチャプター1・7・ボスとやっぱり安井さんの担当曲が真っ先にきてしまうあたりハマっているなと思います。

そして例によって本放送終了後1時間以上に渡って繰り広げられる反省会という名の飲み会中継wもはや完全に恒例となってしまいましたが、ああいうのをリアルタイムで見られるなんてムダにすごい時代になったものだと思いつつ、スィープの面々により一層親近感を覚えるのでありましたとさ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1367-58328ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad