NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

サントラ雑感

先週購入した各サントラを聴いてみてそれぞれで感じた事でもいろいろ書き記しておきますか。例によって興味の無い・そのゲームを知らない人には大して面白くない内容になるのは間違いないでしょうがそれはいつもの事なので気にしないです。


ケツイ:どの曲も熱いサウンドばかりで高難易度変態弾幕満載のケツイというゲームには非常にマッチしていると感じます。ただ、曲単体で聴く分にはどうも今ひとつ燃えないのです。その点は正直ちょっと期待はずれだったかなという印象です。ゲーム内容とあいまってこその曲か。
特に気に入った曲:ボス戦、ステージ5


プロギアの嵐:いつもプレイ中はしっかり聴き取る余裕が無いので気付きませんでしたが、各ステージごとの曲から受ける印象がガラリと変わりますね。ステージ1は「悲壮溢れる復讐」ステージ2は「ガンガン進め」といった風に曲ごとにテーマがしっかりと伝わってくる気がします。全体的には重厚な雰囲気が多いかな?それにしても基板バージョンとオリジナルバージョンで音がかなり違うのにも驚きました。同梱されていたアートコレクション等、プロギアについてはまた機会があれば別個に書きたいと思っております。
特に気に入った曲:プレイヤーセレクト、ステージ1、ステージクリア


DARIUS(ダライアス):何というか・・・「広い」ですね。宇宙空間的な広がりとでも表現しましょうか。何を今更ってな感じですが。少々意外だったのは、「外伝」や「G」は心を不安にさせるようなメロディ(電波ゆんゆんという表現が適切かも)が特徴的だったのに対して、初代は正統派SFチックな曲が多いという事です。どっちも素晴らしいですけど。
とりあえずゲーム自体のデキはさておき(何)
特に気に入った曲:Captain Neo(ゾーンA)、CHAOS、BOSS7


DARIUS THE OMUNIBUS~世代~:正しくはオリジナルサントラではなくアレンジサントラなのですが、実は今回の買い物でこれが一番のめっけもんだったと思っています。
ダライアス&ダライアスⅡのアレンジバージョンがたった10曲しか入っておらず、パッケージの裏にもアレンジャーが記されていないので、内容を知らない人が手に取ることはほとんどないのではないでしょうか。
ところが実はこれ、OGR以外のZUNTATAメンバー5人(TAMAYO・Yack.・中山上等兵・SHU.・Mar.)によるダライアスのアレンジという(一部で)垂涎ものの内容なのです。
Wow!TAMAYOの「CHAOS」やYack.の「OLGA BREEZE」、中山上等兵の「Cynthia」が聴けちゃうんだぜ!SHU.とMar.の曲はあまり聴いた事が無い(スマン)のでどの辺が「らしい」のかよくわからないのが残念ですが、にしても各メンバーごとの味が出た面白い内容です。まぁ一部は個性が強すぎてもはやそのアレンジした人の曲になってしまっている気がしないでもないですが(苦笑)
特に気に入った曲:上記3曲、Boss7、譲愛自由 Free the Love

こんなことを私のような若造が言うのもなんですけど当時のZUNTATAは本当に凄かった(過去形)んだなぁ・・・(しみじみ)。


まぁいずれにせよどのサントラも満足いくものばかりだったの間違いないです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/138-0bfa975b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad