NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

せっかくだから 俺はこの赤の四葉を選ぶぜ 

クリムゾンクローバーのアーケード版がいつの間にやらネシカで稼動しているということで、遅まきながらプレイしてきました。

クリムゾンクローバー(以下CC)に関しては確か初めて同人版が公開された直後に取り上げた事がありましたっけかねぇ…それがこうしてアーケードに逆移植されて全国のネシカでプレイできるようになるとは出世したものです、めでたいです。

これで同人版のリリース直後から購入したうえでアケ移植決定の第一報を取り上げ、ちゃんと配信日当日にプレイしていれば、昔から目をつけていた私の目利きも大したものですと自慢できるかもしれませんが、実際にはPCのスペック不足を言い訳に同人版もまだ買っていませんし、ACに至ってはネシカの設置してあるゲーセンが通勤圏内に無いという理由で今日まで未プレイでしたからボンクラもいいところです。

といいますかそもそもネシカに関しても一番近いところですら電車で練馬区まで出向かないと無いうえに、対戦台しか置いてなくてスピカアドベンチャーが選べなかったという苦い思い出しかありません。

しかしながらあれから時は経ち、今では対戦台でもプレイできる一人用のゲーム(特にSTG)も増え、CCも対戦台でもプレイ可能とあればプレイしないわけにはいかないでしょう。対戦台でSTGなんてプレイしていると格ゲー勢に煙たがられるのは想像に難くないため人のいない午前中を選んで石神井のゲーセンにいったのですが、ありがたいことにシングル台が窓際に設置されていました。何か背後の対戦台のほうからボーカロイドっぽい曲が聞こえるのがやや気になりますが、これなら気兼ねなくゲーム選択画面からCCを選べます。

でオリジナルモードを1号機で3回プレイしたのですが、うん、いい感じじゃないですか。
キャラクター要素0の硬派な見た目に相変わらずのド派手なエフェクトでロックオンぶっ放していると気持ちいいですし、音量と効果音も大きめでテンション上がります。

ゲーム自体は3回やって最高で3面中ボスまでと結構難しい気がしました。同人版がベースですからそちらをプレイしているのが前提の難易度なのかもしれません。2面の中盤からボムorブレイクで緊急回避しないと追い詰められる場面が出てきて、2ボスもお約束どおり伸ばした足に激突して死にましたし。
ゲージが溜まりやすいことを踏まえると緊急回避としてブレイクを温存するよりも速攻を心がけてガンガン使っていくべきでしょうね。たぶんゲームデザイン的にもそういう方向でしょう。確かに難しいことは難しいですが決してやる気を削がれるような難しさではなく、次こそはやってやるぜと思わせてくれるいい意味でアツイ難しさだったと思います。

強いて難を挙げるとすればやはりエフェクトが派手なのはいいのですが、そのせいで一部の攻撃、特にレーザーの予兆が見失いやすくなっているのが気になりました。また敵本体および敵弾の多いせいで、どうしても自機周辺の画面下に視線が集中してしまうのもレーザーを失念してしまう一因です。あとロックオンの押し離しを頻繁に使うせいで指が痛いですw

ともかくかなりいい印象だったことは確かなので、(交通費の問題で)これから週一までとはいかないまでも月に2~3回はプレイしてみようかなと思いましたとさ。後は今の環境でもそれなりに快適なプレイが出来るようであれば同人版も買っておくつもりです。



さて、これでCCも一通り触れましたが、実は今回CC以外にもプレイしようと思っていたゲームがありました。
マジカルビートというパズルです。だからSTGばかりやっているようだと(ry)

ただ単にネシカの配信タイトルを見ていたら何となく面白そうだなーと感じただけなのですが、HPの動画見るとどうも引っかかるのが曲です。落ち物+音ゲー要素があるのはわかるのですが、ゲーム内の曲に初音ミクか何かの声が多用されているらしくなんかこうモヤッとしたものを感じます。実はCCプレイ中に後ろの対戦台で稼動していたのがこのゲームで聞こえていたボーカロイドの声もこれのだったのです。あとサウンドクリエイターに「ニコニコ動画で人気の」とか書いてあるのもどうにもモニョります。

そういった引っかかる点はあるものの、とりあえず1クレジット入れてプレイしてみないことには始まらないということでゲームを選択し、素直に練習モードのヒヨコバトルをやってみました。

基本は落ち物パズルで落ちてくるビートンを複数繋げて消すのですが、その際曲のビートに合わせて落とさないと上手く落ちないというわけで、メトロノームとブルーエリアのヒントこそありますが結構大変そうな感じです。

案の定最初は全然タイミングが取れず、どんどん狙ってないところにビートンが積み重なっていきます。
しかしながら2~3戦とプレイを進めていくうちに何となくですが感覚がわかるようになってきました。

あれですね、これメトロノーム&ブルーエリアを見て落とすのではなくて、曲のテンポに合わせて落としていかないと(ボタンを押さないと)上手くいかないんですね。

しかしそうなるとビートを合わせてボタンを押すだけでも音ゲー初心者の私にはアップアップなのに、そこへ色を揃えて消すというパズル要素も加わるわけで、ビートンを回転させる方向までとても頭が回りません。結局ビートンの並びはそのままで落とすタイミングを合わせるのに精一杯で、しまいにはそれすらもタイミングがどんどんズレていってあっという間にフィールドが埋まってしまいました。

いやはや、こりゃ非常に大変なゲームですな。
頭ではビートンをどう繋げるのか瞬時に判断した上で、指はリズムに合わせてボタンを押していかなければ勝てないわけで、音ゲーとパズル両方に慣れている人じゃないと身体が全然ついていかない気がします。確かに操作自体は簡単ですが、実際狙い通りに操作できるのは激ムズでしょうが。

ただ同時に両方をこなせるようになればかなり面白くなると直感的に感じられたのも事実です。
音ゲーらしく成功すればグッドの表記と共に曲へテンポよくノれますし、そこでビートンを狙い通り消せていければより気持ち良くプレイできます。最初は引っかかっていた曲も実際プレイしてみるとなかなか悪くなく、少なくともプレイ中邪魔に感じることもありませんでした。といいますかシステム上ビートを合わせないと狙ったところに落とすことすら出来ませんから嫌でも曲にノりますよw

ぜひこれは家庭用でもプレイしたいと帰ってきてから調べたのですが、稼動から1年近くたっているにも関わらずいまだどこにも移植されていないようで残念です。開発がアークシステムワークスでゲームシステムを考えるとXBLAかPSNあたりでの配信か、PSPでパッケージ化されていてもおかしくないはずなのですが。

ともかくこれはCCと合わせて次回プレイするのが楽しみなゲームが増えました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1396-d41b988e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad