NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

D.D. -黒の封印-

ちょっと前までプレイしていたフリゲRPGのD.D. -黒の封印-が終わったのでいつものごとく感想でも。と言いましても今回は書く事もそんなにないのでサクッといきます。

ジャンル的にはギャグ系のRPGなんですが、リンク先の紹介ページでも述べられていますようにシステム的にはレベルスター制を使っているくらいで基本的にツクールデフォなのであまり特筆することはありません。そのため戦闘も基本的にバフ・デバフ(ステータスアップ&ダウン)を敵味方MAXにした上で属性バリアを絶やさないようにしつつ、回復を惜しまず全力でというのが基本的なバランスになっています。パーティーは主人公を含めて4人ですが、最大15人まで仲間になるため誰を使うか悩みどころ…といいたいのですが、実際前述のステータス関連の魔法や属性バリアを使えるほうが断然有利なのが残念なところです。

となるとやはりメインはサブイベントをはじめとしたギャグとキャラの掛け合い…と言いたいところなのですがそれもちょっと違います。

個人的にこの作品の特徴といいますか味わいは全編に漂うそこはかとない「投げやりさ」にあると思います。

確かにストーリーはギャグ系なのですがキャラ同士の掛け合いが豊富でもなければ、ストーリー展開がぶっとんでいるとかそういう類ではありません。
記憶喪失の主人公ブラックは最初こそ真面目に自分の記憶を取り戻そうと旅を進めるのですが、毎度毎度選択の余地を与えてくれない仲間たちとあまりに自分の世界に没頭しすぎて会話の成立しない街の人々のおかげで徐々にやさぐれていき、次第には「そうですね」と「そうですか」が口癖になってしまうありさまです。

主人公の態度からしてそんな感じで投げやりですが、他にもいろいろなところが投げやりです。

戦闘のバランスが上に書いたように投げやり!
普通に戦闘するよりも闘技場やミニゲームのほうがはるかに金が稼げるあたりが投げやり!
説明書で通常戦闘の逃げを推奨しているところが投げやり!
どこからでも全体マップに戻れるアイテムの存在が投げやり!
といいますかワールドマップが投げやり!
「投げやりモード」なる初心者向けモードの名前が投げやり!

で何故にこんな投げやり感が漂っているのかですが、クリア後のおまけルームで作者の方が当時高校生の時に初めて作ったというのを見て何となく納得しました。おそらく最初は市販のゲームに負けないオリジナル作品を完成させてやろうと頭の中でいろいろと構想があったのだと思います。また友人を仲間のモチーフにしているあたりや、小さなメダルに相当するアイテムを「哲学的な空気」として哲学的なセリフを用意したりと、きっとアイデアを出している間は楽しかったのでしょう。
しかしながら実際にゲームが出来上がっていくにつれ、ストーリーに戦闘のバランス、サブイベントにダンジョンの仕掛けなど膨れ上がっていくボリュームを調整するのが段々と大変になっていき、それでも最終的には何とか形にしたであろう情景が目に浮かびます。終盤のストーリーなんかはまさにそうで壮大そうな設定をぶちまけたものの、あまり表現しきれずこじんまりとまとめた感がありありです。この辺高校生や大学生が期日ギリギリに仕上げた課題レポートに通じるものがあります。

ただツクールとはいえクリアまで20時間以上かかるRPGを一本完成させるのは大したものですし、その投げやりさが独特の若気の至り的な味わいになっていて個人的には嫌いではありません。

というわけで以上、フリゲRPG「D.D. -黒の封印-」の投げやり気味な紹介&感想でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1401-0e464139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad