NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショットとボムとほんの少しノリのいいBGMがあればいい

んー、最大往生が一区切りついて以降取り立てて新作の話題も無く、ここしばらくはSTGに対して若干手持ち無沙汰な状態になっていました。

そこで式神ⅢやらCCやらそのほか手持ちのタイトルを手当たりしだい手を付けてみたのですが、どうも悪くは無いものの「よし!コレをしばらく集中的にプレイしよう!」と思わせてくれるまで行かないモノがほとんどでした。

こりゃしばらくSTGは控えることにして、先日ついに開始したざくざくアクターズにでも没頭しましょうかねぇと考えていたのですが、そこで手当たり次第プレイしていたうちの一本から手ごたえがありました。

それは社長ラブ10周年に収録されている片方のΔジールです。

発売直後はほぼ最大往生メインでプレイしていたこともあってかざっと触ったくらいであり、プレイしても1日2~3クレジット程度で最高4面までしかいけないままフェードアウト気味でした。

しかしこれではイカンと昨日やや本腰を入れてプレイしてみたところ、これまでとはうって変わって面白く感じられるようになりなんと10クレジット以上も費やしてしまいました。またゲーム自体も最高7面と今までとは比べ物にならないほど進めるようになり、一気にノーコンティニュークリア可能な射程範囲に入ってきました。

一体なんでそんなに面白く感じられるようになり、進められるようになったのかですが…一応考えられることとしてはまずショットパワーの内訳の指針ができたというのが1つあります。

これまで10個のうちワイド・ミサイル・レーザーの割合をどうするのか今ひとつ決めかねていて、4・2・4くらいがベターかと思っていたのですが、これを思い切ってワイド8~10・レーザー2~0とほぼワイドだけにしたのです。といいますのもどうも左右から高速で出現するザコ編隊に体当たりされたり、撃ちぬかれるケースが多いような気がしていたのです。ならばと今ひとつ頼りにならないミサイルを捨て、その分ワイドに振って画面下中央で陣取るようにしたところ事故率がかなり減って安定するようになったのです。

また中型機に対しても接近して撃ちこむようにすれば出現即破壊できる火力も十分あり、特にブラックホールでの弾消しを併用すると安全に接近して撃ちこめるケースもあります。これにワイドオンリーだと敵に阻まれて遠くの砲台やボスのパーツに届かないケースがあるのと、接近できないときの正面火力を補強する意味でレーザーを1~2個合わせるとかなり優位に立ちまわれるようになったのです。


それともう1つはボスの攻撃が避けられるようになったことです。
避けられるようになったと書くとただ単に上達しただけと思われそうですが、そうではなくて何と言いますか思っていたよりもはるかに見切りやすい攻撃が多いと理解できた…とでも表現すればいいのでしょうか。

例えば3Aボスのラスト3つの攻撃は最初見たときは弾も速くてボム確定だったのですが、よく落ち着いてみると1つ目の攻撃はボスの真正面大安定、2つ目は自機狙いなので左右に動くだけ、3つめは偶数弾なので動く必要なしと、動きにしてみればボスの真正面を維持しながら左右運動するだけで倒せるのです。
他にも6面ボスのラストも1つ目は隙間の広い全方位弾、2つ目は自機狙い連弾、3つめは3WAYの自機狙いと、これも動きにしてみれば全方位弾で左右どちらかの広い方へ移動し、2つ目の攻撃でそこから反対方向へ大きく移動して、3つめの攻撃でコンコンと元の位置に戻るを繰り返せばあっさり勝てます。

後は2ボス・4ボス・ラスボスで顕著ですがパーツを壊せば壊すほど攻撃が減ってラクになるのもわかりやすいですし、大きく動いたほうが避けやすい攻撃も割合多い気がします。

うーん、上手く表現できているのか不安ですが、とにかく実際にプレイしていてどうやって避ければいいのか解り易い攻撃が多く、一度理解できるとかなり安定して避けられるようになるのです。特に後者は大きく、理解できてもそこに精密な操作を要求されることでハードルの上がる弾幕シューとは大違いです。悪く言えば緊張感に欠けるともいえますが、良く言えば気を張らずにプレイできるともいえます。

で、どうもこの感覚何か他にもあったような気がするなと思っていたのですがピンときました。
トライジールです。トライジールをプレイしているときのあのボンヤリした感覚と同じなのです。

制作者が同じ社長なのですから当然といえば当然なのですが、あのそこはとなく心地よいボンクラSTGの感覚がこのΔジールからも存分に感じられます。といいますか順番的にはトライジールが後ですが。

そうそうコレですよコレ。複雑なシステムを操作する忙しさや激しい弾幕をかいくぐるような緊張感も無く、少し耳障りの良いBGMをバックにワイドショット垂れ流しながらボンヤリとプレイできるSTG、これこそ社長シューに私が一番求めていたものです。

12ジールやエクスジールも悪いわけでは無いのですけど、サイドアタックやレバガチャの溜め撃ちや狙い撃ち要素などがあるせいでボンヤリとプレイできないのです。普通に考えればボンヤリできるゲームよりもアグレッシブな要素があるほうがメリハリがあって良さそうなものですが、こと社長シューに関しては一概にそうとも言えないから不思議なものですw

そうとわかればこれからしばらくはこの初代ボンクラSTGことΔジールに付き合っていくことにしますか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1402-cc428a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。