NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

天神怪戦

何か部屋の掃除をしていたらはるか昔に投売りで買って未開封のままだったGBの「天神怪戦」が見つかったので今日はそれでもやりましょうかね。




本当はスーパーゲームボーイでやろうと思ったのですけど、現在縦画面にしてあるため結局アドバンスSPで寝ながらプレイ。



ジャンルは横STGですがグラやダラのような画面構成ではなく、見下ろし型の縦シューを横にしたようなサイドビューです。

時の将軍徳川家慶の命により、天保の世にはびこる魑魅魍魎を天神5人衆が退治すべく旅立つとかそんな感じのストーリーで、一番の特徴は最大4人までパーティを編成できることでしょうか。

単発・遠距離弾の足軽
やや幅広ツインショットの侍
2連射の忍者
前方斜め2方向ショットの法師
上下弾の巫女

この5人のうちから選んでパーティを組む事ができるのですが、それぞれ雇用するのにお金がかかるため所持金の範囲内でやりくりしなくてはなりません。もちろん4人全員選んでもOKですし、逆に1人だけでもOKです。
それぞれのキャラはライフ制になっていまして当然0になると死亡します。ステージクリア時に再度雇う事もできるのですが、先に進むほど必要金額が増えていくうえ、敵の落とすお金も多くないためあまり再雇用する余裕は無いはず。またお金は道中の茶屋で回復アイテムを購入したり、大仏に死んだキャラを復活させてもらうためにも必要と割とシビア。

面白いのはどのキャラを選択するのかもそうですが、それに加えてフォーメーションがいくつも用意されている点です。画像だと菱形に広がる「風の陣」ですが、全員縦一列に並ぶ「山の陣」や横一列に並ぶ「火の陣」などがあり、人数によっても形状が変わるとなかなか多彩です。加えてプレイヤーが操作できるのは一人で他のキャラはそれに応じて付き従う形になるため、先頭に体力の多いキャラを出して後列を守るといった戦略性もあります。

そしてこのゲームを語る上で外せないであろうのがボムにあたる変身攻撃です。
AB同時押しで先頭のキャラが侍だったら巨大な火の玉、法師だったらワープする地蔵といった風に物の怪?に変身して無敵になるのですが、何と驚くべき事に効果時間が終わった後のキャラはどれだけ体力が残っていようとも死亡していなくなります。最後の一人のときに使うとそのままゲームオーバーですw恐るべしカミカゼ特攻っぷり。
ですから残り体力がわずかの時にでも使用するのがベターでしょうが、そもそも使わないのが一番な気もします。なお5人のうち足軽だけは変身が用意されておらず、画面中の敵を消すメガクラッシュ攻撃になります。


という感じで個性あふれるキャラクター達のパーティプレイを駆使して全6ステージを進んでいきたいところなのですが、クリアするなら一人旅(それも忍者)の方がはるかにラクというのが何とも苦笑いが出ます。

なぜならこのゲームの場合、グラディウスなどのオプションと違い操作キャラ以外にもきちんと当たり判定が発生しているため、どうしても人数が増えれば増えるほど攻撃をくらいやすくなってしまうのです。もちろんそのためにもフォーメーションはあるのですが、正直カバーできる限界はあっという間に越えてしまいます。当然ダメージが嵩めば嵩むほど回復のためや再雇用するための金は全然足りず、そうなると結局回復も一人に絞ったほうが安定します。また困った事に(?)実際忍者一人でも全然火力に困らないというのが一人旅を推奨しているかのようです。ゲーム自体の難易度は初期GBということもあって控えめなので、そこを敢えて難関のパーティプレイで攻略するのもまたオツなものだとは思うのですが…。



殿様に褒められるエンディング。この後十分くらい放置してもスタッフロールも流れずタイトルにも戻らず、ずっとこのままだったんですが。なんかどうもエンディングが複数あるみたいで、この時代にしては随分芸が細かい。


それにしても、改めてよく見るとかなり冒険的なゲームですね。
性能の異なるキャラを複数から選んでパーティを編成するシステムに、それをさらに後押しするフォーメーション。アイテムの購入だけでなく、キャラの再雇用・復活にまで使えるお金の使い道。そしてそれほどキャラの命が軽いがゆえに成り立つ特攻ボム。極めつけに1990年のGBのSTGにも関わらず江戸時代が部隊で妖怪が相手の世界観といろいろな意味でメルダックらしさ溢れる怪作という気がします。こうなると本来のコンセプトにのっとるともはや縛りプレイの域に入ってしまう本末転倒具合さえも味のうちかもしれません。

という事でなぜか唐突に脈絡も無くGBの怪STG「天神怪戦」の話でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1410-3d4c63ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad