NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

たまに悪夢で目が覚める事があります。

刃物で刺される、密室で水が迫ってきて溺れる、侵入してきた不審人物に圧し掛かられて身動きが取れない、法廷や国会議事堂のような場所で大多数から糾弾されるetc…状況は様々ですが、肉体的及び精神的に苦痛を感じる内容であるのは確かです。

で、それらの悪夢を見るのはいつも仰向けの状態で寝ているときだけなのです。

確かに思い返して見れば横を向いてか、うつ伏せで寝るのが基本的な寝相でして、仰向けになると目が覚めていても重力を直で胸に受けているようでかなり息苦しく感じます。おそらくそれが原因なのでしょう。



難易度ハードでプレイしていたベアナックル2がノーコンティニューでクリアできたのでベリーハードに挑戦中。
1対1なら楽勝なのに同時に出てくる敵の数が多すぎるというのに。



どうやら12月に発売されるPS3の「解放少女-SIN-」とやらのシナリオ脚本を遠藤さん(遠藤正二朗さん)が手がけられているという事でこりゃそろそろPS3も買わねばならぬようです。

しかしいざ検索してみると5pb.の志倉社長やグラスホッパーの須田さんやらの名前ばっかり出てきて、脚本についてほとんど話題になっていないのは一体全体どういうことなのでしょうか。まぁ、遠藤さんが全力をつぎ込んだとおっしゃっていますし、そうでなくとも私にとってはハードごと買う価値のある人だと心得てはいるのですが…うーむ、納得いかん。



最近は久しぶりにPSで初代の首領蜂をやっていました。
前までは4・5面があまりに長くて5面の冒頭で力尽きていたのですが、そろそろいけるかなと集中的にプレイしてみたところ何とかギリギリでノーコン1周クリアできました。

ちなみに使用機体はBタイプです。Cタイプも悪くは無いのですけど、移動スピードが遅すぎて首領蜂の頃の速い弾には対処しきれなかったのでBに落ち着きました。



ついでにそのままエスプレイドの基板も引っ張り出し、あえてノーバリアで挑戦したところガラ婦人第3形態と意外と大健闘できて満足。といいますか相変わらずプレアデスのガチ避けが楽しすぎてバリアを封印したくなってしまうのですよ。



何かまた気楽にプレイできるADVやノベルゲーで面白そうなもの、できればDSかPSPで寝ながらプレイできるのがないかなと探していたところ、そういえばPSPで「街」が移植されていたことを思い出し、買いに行ったのですが売り切れ。

結果普通にサターン版が押入れにあったのでプレイ開始しました。評判は知っていますし、当時のチュンソフトですから大丈夫でしょう。



で、街とは別に当初の目的どおりDSorPSPで寝ながらプレイできるADVとしてDSの「ゴーストトリック」というのが評判良さそうだったので買いました。

とりあえず街がある程度進むか終わるかしたらプレイするつもりです。

それにしてもADVに関しては無難なところ選んでるなと思われそうですが、自分があまり詳しくないジャンルは出来ればハズレは引きたくないので、STGみたいに手当たり次第はしないだけです。



例によって例のごとく続いているフリゲRPG漁りですが、今は「恐怖!ムルムル遺伝症"廻"」をプレイしています。何このタイトルふざけてるの。

今のところ10時間くらいプレイしていて、それほど劇的にどこかが面白いというわけでも無いのですが…果たしてどうなのでしょうかね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1411-161ad151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad