NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

日々の生活にすれちがいを

んー、前回ムルムル遺伝症の記事を書いた後に結局リメイク前もやり始めてしまったんですが、我ながら何でそんなにムルムルが気に入っているのかよくわかりません。

でそんなムルムルムルムルばっかりやっているわけではなく、ちゃんと買ったばかりの3DSも機能を確かめがてらいろいろと触っています。

まずやっぱり真っ先に感じたのは3D表示は別に要らないだろうということですw
確かに立体視はすごいですけど、こりゃ目が疲れるという声が出るのも至極当然だと思うわけで、消費電力を抑える意味でも基本的にはオフにしています。

そもそも2画面とタッチ機能を活かしてブームを巻き起こしたDSのときと違って、3DSの場合別に3Dがすごいから売れているというよりも他にハードの選択肢が無いから売れているという風にしか見えないですし。

操作的な面で言いますと、十字キーがびっくりするぐらい操作しづらくなっていると感じました。前に触っていたのが初代DSだった事もあるのでしょうが、一段と小さくなっている上にアナログパッドに位置を奪われてしまったせいですぐ指が痛くなります。DS・3DS用のタッチペンで操作できるゲームならともかく、このままだとVCのように十字キー操作のゲーム、特にアクション系は厳しいです。任天堂はこんなインターフェイス作るメーカーじゃなかったと思うのですが。といいますか既に烈火がムリくさいんですが。セレクトとスタートボタンも同様で何で普通に押せるボタンにしてくれなかったのでしょうか。

あとヘッドホン端子が硬すぎます。最初刺さらなくて壊れるかと思いましたよ。しかも正直ボリュームを最大にしても小さいくらいでもっと音量の幅は無いものかと。

こうしてみるとゲーム機としての触り心地には不満バリバリです。


しかしながら機能的には面白いことをかなり盛り込んでいるというのはARゲームズや3DSカメラなど本体付属のソフトだけでも既に実感してきています。

その中でも一際注目すべきはすれちがい通信関連の機能でしょう。

DSでも特定のソフト起動時にすれちがい通信を行う事ができたわけですが、3DSではそれをさらに推し進めてソフトが起動していなくともスリープ状態であれば自動ですれちがい通信をしてくれるようになっています。

さらにすれちがい広場ではすれちがった人が直前に遊んだソフトや自己紹介がやりとりされ、それによるコレクション要素や個別の特典なども用意されています。加えて本体の歩数計機能によってゲームコインが溜まり、集めたコインはすれちがい広場のゲームなどで使えるという仕様です。

要するに毎日3DSを持ち歩く事を促すようなデザインになっているのです。

一言で書きましたがこれはかなりスゴイ事ですよ。

財布やケータイのように生活必需品でもないオモチャをいかにして肌身離さず身につけてもらうかのアイデアがふんだんに盛り込まれています。しかも何が恐ろしいかって例えば本や他の携帯ゲーム機であればあくまで「自分が楽しむためだけ」のものですが、この3DSのすれちがい通信は基本的に双方が得をするという構図になっておりまして、自分が3DSを持ち歩く事で「見ず知らずの他人のためにもなる」といい事をしているような気分になれるという点です。

いや恐ろしい、ゲーム機に対する抵抗をとことんまで無くそうという任天堂の発想がホントに恐ろしい。

…すれちがいシューティングの話をするつもりだったのですが、何かいつの間にか任天堂賞賛の話になってしまいました。まぁいいです、すれちがいシューの話は次回にします。

ところで以前本体更新やダウンロードソフトを購入するためにセブンイレブンで無線通信を行うのに抵抗があるという事を書きましたが、現在はニンテンドー3DSステーションの設置してある家電量販店でネットに接続してます。まぁ親子連れが周りにいたりすると若干抵抗はあるのですが、それでもゲーム売り場という事で目的ははっきりしていますし、少なくともコンビニの外で3DS構えながらコソコソ受信しているよりかははるかにマシですwそれに300ブロック以上になると急にダウンロードの待ち時間が伸びてしんどいんですよ。

なお現在のところすれちがいシューと烈火以外に以下のソフトをダウンロードしてきました。

どぎめぎインリョクちゃん
ガンマンストーリー
魔女と勇者
ドーパミックス

ドーパミックスは以前とびスィ(とびだせ!スーパースィープ)で紹介していたので、スィーパーたちの曲を聴くためにも購入したのですが、他は完全に何となくです。ま、パッケージと違って気楽に買える値段もダウンロード専売のいいところだと思いますので。そしていつになったらパッケージソフトを買うのやら。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1416-ae62c399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad