NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザー

ここ2週間くらいは他のゲームを控えてDCでボーダーダウンを集中的にプレイしていました。

ボーダーダウンと言いますとクリア優先のためには自爆によるランク下げ&ノルマクリアによるボーダー復帰が必須なバランスで、シルバーガンもそうなのですけど本来こういうプレイスタイルを強要されるタイプのSTGはあまり好きではありません。

しかしそれが先へ進む一番の近道ならば仕方が無いと割り切り、これまた気が乗りませんが収録されているサンプルデモも参考にし、プラクティスも活用と珍しく練習のための要素をフル活用しました。

そのおかげで当初3面ボスでゲームオーバーだったのが4面5面と先へ進めるようになり、自爆によるボーダーダウン以外ではほぼミスすることなくノルマも達成できるようになっていきました。

確かに窮屈なプレイスタイルを強要されるのは気に入りませんが、練習を重ねるたびにきちんと成果が実感できるのは悪くないものです。

そう思い始めようやくはじめて到達した6面、途中イエローの期間が長かったので6Cでしたが、その道中を何とか切り抜けてついにラスボスの姿を拝む事ができましたが…

画面外からの高速轢き逃げに始まり、弾幕系もビックリの精密な避けを要求されるばら撒き、ショートレーザーの嵐、攻撃の届かない左端から逃げ場の無いブレイクレーザー、おまけにこっちの攻撃はことごとく避けられて全く減る気配の無い体力ゲージと、ここまでとは次元の違う難易度に絶句しました。

結局コンティニュー前提のブレイクレーザーごり押しで終わらせはしたものの、それでも残っていた6クレジット全部を費やしてギリギリという始末。そしてゲームオーバーで愕然としたところに突きつけられる、最終面はサンプルデモ無し&プラクティスで練習不可能という仕打ち。

確かにこれまでも3面や4面など初見でどう攻略したらいいのか思いつかないシーンはいくつもありましたが、それでも何とかなったのは他ならぬサンプルデモのお手本とプラクティスがあってのおかげでした。

こんなの車の教習に例えるなら、今まで指導員が隣にいる状況で教習所内&路上での運転練習を続けて上達してきたのに、その次の卒業試験は独力で左右の幅10cmの余裕しかない5連S字クランクをバックかつノーミスで成功させなければダメというくらいの落差があります。ついでに本番のコースは事前の練習不可も追加で。

例えはともかく時間にすれば10分もありませんでしたが、そのわずかな間で「あ、これは自分には一生クリアできないな」と確信させてくれるには十分過ぎる内容でした。


…いや!これはきっと6Cが上級者向きのルートだからであって、きちんと計画的にランクを抑えた上で本来到達するであろう6Bであればきっと活路が見出せる難易度であるはずです。

そう思って実際グリーン進行で6Bに到達してそっちのラスボスと対面しました。

10分後、DC本体とボーダーダウンを箱に片付けました

たった2週間ほどとはいえ、少なくともその間プレイの度にプラクティスやサンプルデモを参考に練習を続けるほどのやる気はあったはずですが、この2つの最終面を体験した1時間ほどで驚くほど気持ちが冷めていきました。

少しの間触れていませんでしたから忘れていたのでしょう。
選ばれしシューター様御用達のアーケードSTGってこういうものでしたよね。

それなのに一時でも歯が立つと勘違いしてしまった自分の愚かさを再認識させてくれてありがとうボーダーダウン。
どうやら私には曲だけ聞いて満足するのがお似合いのようです。
さようならボーダーダウン。

ザー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1453-b801dca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。