NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カガミガミFILE5感想(ジャンプ15号)

巻末コメが3週連続で誤植ネタになるかと思いきや今週は普通の近況報告で一安心。

なんせ岩代先生と来たらこのご時勢にHPもブログもツィッターもやっておらず、本誌の巻末コメントと単行本くらいでしか近況が窺えないものですからその貴重なスペースを担当の不手際ネタなんかでなるべく消費して欲しくないものです。

それはさておきカガミガミ5話の感想です。

今週はヒロインの出番が本編で1コマしかありませんぞー。さらに恭介に至っては1コマもないぞー。

冒頭這いつくばるシドさんの元へシロと烏丸が到着。シドさん前回の途中から姿が見えなくなってましたが、何か普通にボロ負けしてて悲しいです。

シロの初撃に力量を感じたホローラビットは片腕では厳しそうだと、体内から更に2匹の式神を繰り出してきます。ウサギ+小悪魔というデザインの手下式神2匹に対しただの賑やかしならとっとと引っ込めなとシロ。この辺りのシロのセリフまわしにちょっと…いやそこそこ引っかかるところがあるので後でまた書きましょうか。

手下一匹でもシドさんを相手に出来るくらいの強さだから心配ないよとボロボロのシドさんを軽くディスるウサギ。当然シドさんは怒りますが、そこへ烏丸の相手の力に驚愕する心中コメントがナチュラルに追い討ちをかけます。なんてこったい、黒幕本体の式神であろうホローラビットの手下1匹≒シドさんという事がよりによって式神協会の幹部から肯定されてしまったぞオイ。

ならばこっちもとシロは大きいコダマ(人間大くらい)3匹と羅生丸を呼び出します。
前回最初から全開クライマックスで白天丸と憑依合体したものですから羅生丸の出番は無いかもと危惧していたのですがちゃんと呼んでもらえてよかったよかった。そして呼び出されたシロにキューンキューンと犬のように擦り寄るも後にしろとお預けをされる羅生丸。全身甲冑でギザギザの歯という異形の見た目のクセに何でこんな仕草がカワイイんだ羅生丸。

読者的にはコダマと羅生丸に和むシーンですが、烏丸とシドは2人揃ってシロ(恭介)の憑力…〝ひょうりょく〟って…式神なんだから無難に霊力あたりでいいのに…はい皆さん、岩代先生なりにオリジナリティを出そうとするとこうなるという典型的な例です。その恭介の憑力に驚愕する2人、ここも前回ラストで烏丸が式神憑依に驚いていたのと同様、少なくとも恭介の力は式神協会でも他に見ないくらい高いレベルにあるという事がよくわかります。

ホローラビットの式神2匹は本人や烏丸さんの言う通り手強いらしく、その動きだけでも本体と同じくらい速いとシドさんも認めざるを得ないご様子ですが、それに対しシロはウサギ式神2匹を羅生丸とコダマ3匹に任せてしまいます。

烏丸でなくともどう見ても素早そうには見えない羅生丸はどうするのかと思いきや、猛スピードで突っ込んできたウサギ式神に対しカウンターパンチの一撃で完全粉砕という圧倒的な強さを見せてくれます。読みきりのときからそうでしたが羅生丸が一人でもすごく強くてたしかなまんぞくです。にしても羅生丸の顔って表情が全くなくピカピカの鉄兜のような造詣なのですが、そこにウサギ式神の軌跡だけが映りこんでいるという描写が狙い澄ましている感じで実にいいですね。

一方コダマトリオはといいますと…ほら言わんこっちゃない、一体が攻撃喰らって泣き顔になってるじゃないですか。と思いきや泣き顔のヤツがウサギ式神の腕をガッチリ掴みその状態から3体合体。横に並んだ3ツ目と鉢金と特徴の士(モノノフ)モードとの事ですが、なんと息も尽かせぬ連続格闘攻撃でこちらもあっという間にウサギ式神をKOしてしまいました。羅生丸に続きその外見と強さのギャップに式神協会の2人もあんぐりですが、読者からしてもマスコット役の雑用式神くらいにしか見えなかったコダマたちがここまで強いとはビックリです。確かに1話でも硬化してリッパーの刃を防いだりと見た目よりも強そうなのは知ってましたが、普通にシドさんより強いって…。

まさかのノーダメージで悠々と目前までやってきたシロにプライドをいたく傷つけられたとホローラビットは怒りの形相でパンチを繰り出しますが、これもまたシロにあっさりガードされ逆に〝霊刀羅刹 天雷ノ葬(テンライノホムラ)〟という絵的にどう見ても単なる全力雷パンチにしか見えない技で身体をぶち抜かれて今週はおしまいです。

うーむ、展開としてはさほど悪くは無いのですが現時点でここまで恭介(と式神ズ)と式神協会の間に差をつけてしまって大丈夫なのかという気が少なからずします。特に羅生丸とコダマ3体が式神ウサギを完封した事で彼らの評価はかなり高まりましたが、その分シドさん(と式神協会)の評価が下がってしまった印象です。裏を返せばこの主人公は作中で成長していくタイプではなく、最初からかなりの強キャラということになるのでしょうが、こうなると次のシリーズ以降式神協会の新キャラが投入されてもあまりライバルや師匠ポジションは期待しにくいのかなぁと危惧してしまいます。

そして最初から主人公最強の無双系ならそれはそれでありなのですが、そうなると微妙に引っかかるのがそんな強キャラかつイケメン兄ちゃん(として描かれているであろう)シロのセリフ回しです。

セリフと言いますと真っ先に全開クライマックスが頭に浮かびますが、今週だけでも

・だったらオレと闘(おど)ろうぜ ウサギくん
・華ならオレ一人でもう充分だぜ
・それにノるのも また一興!
・よお…意外と道が空いてたもんで結構早く辿り着いちまったぜ


とまぁ思わず目が滑るような発言が目白押しです。
こう何というのでしょうか、オレ様系のイケメンらしいセリフを岩代先生なりに一生懸命ひねり出した感がヒシヒシと伝わってきませんか。

ただ2話でマコにシロと呼ばれた事にツッコんでいたり、今週もホローラビットに名前が長いとツッコまれてもう一度名乗ったりというシーンだと上滑り感はずいぶん軽減されるわけで、要はシロに対して作中でツッコミをいれてくれるキャラがいるともっと直視できるようになると思うのですよ。キャラ的には烏丸が適任そうなのですが、なんせ先週から恭介の凄さに驚いているばかりで全然ツッコミしてくれないので困ったものです。これは恭介とマコのイチャつきっぷりに対してもそうで、2人とも基本的にボケタイプですから周りにツッコんでくれるキャラがいないと単におねショタ万歳で終わってしまいかねません。いや、別にそれで受けるのならいいのですが(汗)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1465-50e669ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。