NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

言ってもヒロイン時のバックボードにロゴが増える程度だと思うが

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表

先日発表されたこのニュースの話題でゲーム界隈は持ちきりのようでして、やれ〝ついに任天堂もソシャゲ事業に手を出さざるを得なくなった〟だの〝いや、ちゃんと平行して新ハードの開発も進めているから問題ない〟だの〝家庭用ゲーム業界も終わりが見えてきた〟だの様々な思惑の混ざった論争が巻き起こっている模様です。

ここで一つこのニュースに関する私の見解と今後の展望なんぞをビシッと書ければ、まだゲームに対する情熱が残っている事をアピールできるのでしょうが、残念な事に今の私にとってはまだ目の前にあるメガドライブとダライアスⅡについて語るほうが多少はやる気が出そうなくらいどうでもいいことです。

それよりもむしろベイスターズファンとしては業務提携という名の下、任天堂がDeNAの株を大量に取得してくれたという事の方が非常に心強かったりします。親会社が変わってから年々チーム状況及び球団経営状況は良くなっているとはいえ、やはりDeNAの事業を考えると少なからず身売りの可能性は捨てきれないわけでして。
そもそもDeNAといいますとゲーマー的にはモバゲーの印象がほぼ全てでしょうが、事業情報を見ればわかるように実に多岐にわたって…いやスイマセン、全然わかんねーぞ。モバオクやショッピングモール、SNSサービスあたりはネットサービスの一環として理解できますが、一般消費者向け遺伝子検査サービスとか何だコレ。まぁともかく積極的にいろいろな事業を展開している企業なのは事実でありモバゲーや球団経営もその一端なのです。

そこへ任天堂のようなゲーム業界の老舗と業務提携を結ぶというのですから夢が広がります。
ごめん、ウソです。
出資比率を考えれば任天堂側はともかく、DeNA側が任天堂のコンテンツをどうこうできるわけはなく、せいぜい井納の代車がアウディからマリオカートになるとか、スターマン(たぬき)がMOTHERのスターマンになるとかそんなしょうもないネタが膨らむ程度です。ただ夢は広がりませんが、親会社の資金面に関する心配が少なからず減ったのは確かであり、それだけで私は喜ばしいニュースだと思いました。

こうしてゲームニュースをゲームだけでなく、幅広い視点(どこがだ)で捉える事ができると大人になったものだと実感します。
しかしそれっぽく締めようとしたところで、実際は単にたまたま興味のあったゲームネタと野球ネタをダシにしたヨタ話であり終了。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1468-0c7cfefa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad