NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE12感想(ジャンプ22・23号)

今週の付録ポスターは各作品のキャラが47都道府県ゆかりの偉人や名産品に扮して紹介というもので、カガミガミからは恭介とハクが武士の格好で鎌倉に、マコがサッカーで静岡に割り振られているのですが…

jump222301.jpg

ユニフォームの上からでもくっきりとわかる2つのボールとむき出しの太もも!まったく岩代先生はいつからこんなあざとくなったのでしょうか!実にけしからんことですな!(もっとやれ)

そんな本編で出番がなくとも付録で存分にあざとさを発揮するところにハングリさーを感じるカガミガミ第12話の感想です。

開斗の援護を受け、シロに変身した恭介は先週の引きそのままの勢いで突撃し、拳にオーラをまとった渾身の一撃で怪物を粉砕します。あ、あれ、もうちょっと技名とか何かないのでしょうか?

一仕事終えた表情で地面に横たわる恭介に大丈夫かと声をかける開斗にまた僕を助けてくれてありがとうと返す恭介。
先週までの回想のシーンを織り交ぜつつ、だって俺はお前のライバルなんだからと開斗が〆て笑いあう2人とそれを嬉しそうに見つめるハク。

既に8Pも費やしておりますがここでようやく烏丸と姫吊のカットによる扉絵が入ります。3話以来出番のない姫吊ですが何やらネックレスのようなものを持っておりまして、これが彼の式神の依代なのでしょうか。

警察による現場検証的なやりとりが行われている中、現場の恭介たちのもとへ烏丸も到着。以前ホローラビット戦の時は無傷だった恭介が手傷を負っていることに少し心配しますが、大丈夫ですと恭介。
とここで倒した怪物の腹が溶けて中から人間の死体が発見されます。あ、こいつ確か開斗が登場時に捕まえたモヒカンの式神犯罪者に似てますが同一人物なのでしょうか。烏丸さんも腕に埋めこまれた違法GHOST(式神使いの情報デバイスね)を見て、こいつがホローラビットに力を与えられた即席式神使いの一人であることに気づきます。

自分の倒した怪物の中から人間の死体が出てきたことに対し、もしかして自分がやってしまったのではと顔が青ざめる恭介ですが、死んだのはもっと前(怪物に取り込まれた時点)で恭介のせいじゃないと烏丸さんはフォローします。今まで年不相応な落ち着きぶりを見せていたのに自分が人を殺してしまったかもと動揺する恭介と、それをすぐにフォローする烏丸さん、ここ短いやり取りですがいい描写だと思います。

現場に残された怪物の頭部を見て開斗はそれがようやく以前資料で見たマガツヒの卵と形状が同じであることに気が付きます。開斗の話を聞いて情報を整理しようとする烏丸さんですが、そこへ姫吊から緊急連絡が入ります。

それによると協会の方でも以前捕らえた即席式神使い(もうちょっといい呼び方ないんかい)が突然同じような怪物に変身し、現在協会の地下で交戦中とのことで、見開き2Pで怪物と姫吊の式神「亜楽涅姫(あらくねひめ)」が戦っている様子が描かれています。

おおっ!ここの見開きは見ごたえありますな。
まず姫吊の式神である亜楽涅姫ですが、あらくね(アラクネ)の名前から予想がつくように上半身が女性で下半身が蜘蛛の体をした姿ですが、姫というだけあって十二単を纏った平安時代の貴族のような上半身をしています。そして改めて今週の扉絵を見返してみると姫吊の持っているネックレスのようなものの先端が蜘蛛の形をしているため、あれが亜楽涅姫の依代と思われます。
描写からするとどうやら2つの球体を操って攻撃している模様ですが手鞠とかそのあたりがモチーフなのでしょうか。協会の地下はあたり一面怪物の放つレーザーによる爆発が起きて地面や壁が抉れていますが、姫吊自身「まあ倒せると思いますけど!」と言うだけあってさほど苦戦はしていない感じです。外見はさわやかな兄ちゃんなのにセリフと言い式神と言いこいつも結構アレなヤツなのでしょうか。
しかし実際協会コダマと連携しているとはいえ、恭介も結構ダメージ受けた怪物相手に優勢に戦っているので某二重人格の減給まみれの人よりかは強そうな感じです。

jump222302.jpg
惜しむらくは開斗との描き分けがあまりできていない点でせめてどちらか髪型か色を変えれば…それにしても相変わらず後ろのコダママスクのモブ協会員がシュールだ…。

卵の解析報告によると寄生蟲にはマイクロチップが埋め込まれており、何かの信号を受けて変貌したのではとのことですが、そうなるとホローラビットの目的はただ式神使いの犯罪者を増やすだけでなくマガツヒの寄生蟲をばらまくことでもあると推測されるです。うん、まぁ読者からしたら知ってますし、さらに言ってしまうとそれで終わりではないであろうことも何となく察してます。破壊したり混乱を引き起こすのがメインではなく、それによって発生する何か(嘉神家に伝わる禍・天国と地獄の門が開く)を狙っているのでしょうが、その辺りについてはじっくりストーリーの展開を期待しましょう。

報告を受けた恭介たちが今後の状況に懸念を抱いたところで今週は〆です。

いやはや、てっきり今週+来週で決着からマガツヒの卵関連を本部に報告してこの開斗編のエピソードは終わりかと思っていましたが、今週で終わるどころかむしろこれから本格的に始まる流れになるとは予想外でした。姫吊に関してもこのエピソードが終わって次か次の次くらいで再登場と思っていただけにもう式神まで出るとは。
しかしこうなると次回の展開が想像できません。今回倒した以外にも各地で変貌した怪物を倒していくのか、それとも一度協会や事務所に戻って今後の対策を考えるのか、はたまたこのエピソードはここで打ち切って何事もなかったように日常回になるのか。予告を信じるのなら事務所に戻った2人にマコが何かをするとのことですが…サッカー?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1476-4a2134b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad