NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE13感想(ジャンプ24号)

2401.jpg

「続きはWebで!」ってか。
たぶん続きを気にする人の割合も実際のCMと同じくらいだと思いますけど。

それはさておき法廷はともかく、同時期に開始したロギイも終了させられているのを見ると首筋が寒くなるのを実感させられるカガミガミ第13話の感想です。

前回の引きからいったいどういう展開になるかと思いきや、今週は事務所でくつろぐ面々の図からスタート。恭介の「あれから協会が警戒態勢に入っているけど何も起こらないね」というセリフが状況を端的に表してくれています。

とそこへ大家のハナさんがやってきて、店が人手不足ということでマコを臨時バイトとして連れて行ってしまいます。

2402.jpg

実に仕事のできなさそうなウエイトレス(メイド)です。
なのにちゃんと家賃の足しとして考慮してくれるハナさんはいい人だ。

うーん、それにしてもここしばらくヒロイン成分が不足していたのを懸念してか、展開的にまっっったく必然性のないコスプレをぶち込んでくるとは本当に岩代先生もあざとくなったもんだな!あるいは最近は恭介が見た目少し大人っぽくなってきたせいでおねショタ成分が薄れてきたのをごまかすためなのかもしれません。

賑やかなのがいなくなり残された恭介と開斗も手持無沙汰気味なため、2人もまた外へ出かけます。

人気のない場所で式神の訓練を行うことにした恭介は慚鬼丸を開斗の前で呼び出します。訓練と聞いて気合十分で意気込む慚鬼丸ですが、羅生丸とヴァーミリオンの姿を見て怖気づきますw
そんな慚鬼丸に僕もついているから自分の力を信じてと励ます恭介ですが、羅生丸&コダマに加えて自身の生身で慚鬼丸フルボッコにして落ち込ませてたの君ですよね?

明らかに「んなこと言われても…」と戸惑う表情の慚鬼丸に背後から容赦なく猛スピードで迫る羅生丸。羅生丸の右ストレートを紙一重でかわした慚鬼丸はその刹那に何とか一撃を当てて離脱します。とっさの攻撃にも動けた自分に手ごたえを感じる慚鬼丸、そこへヴァーミリオンが追い打ち気味に火球を放ちますが、これも吹き飛ばされつつ慚障壁で辛くもしのぎます。

2人の容赦ない攻撃にお主ら鬼かとツッコミを入れる慚鬼丸。ハイここ鬼はお前だろとツッコミ返すところですよー。
ちゃんと手加減してると返してあげる開斗に対して、いい動きだったよと恭介は褒めますが、ここの恭介の返しがまた何かナチュラルに相手の気持ちを読み取れていないような気がするのは私だけでしょうか。いやホラ、開斗は慚鬼丸が羅生丸の攻撃をかわすのを見たうえでヴァーミリオンに攻撃を命じてますが、恭介は戸惑う慚鬼丸に有無を言わさず背後から羅生丸をけしかけ、抗議する慚鬼丸に対して笑顔で「いい動きだったよ!」って…。

自分自身半信半疑の慚鬼丸にハクと開斗による式神講座が始まります。
それによると式神の強さを決める要素は主に3つで「憑代になった物の特性」「憑いた魂の特性」「術者の憑力と得意分野」で、開斗のヴァーミリオンは祖母からもらったチェスのコマが憑代であり、開斗は炎が得意なためああいう能力になったとのこと。
今のところ作中で登場した式神を見てみると、リッパー・ホローラビット・ヴァーミリオン・クシナダと「憑代の特性」と「術者の得意分野」が強く反映されていて「憑いた魂の特性」に関してはあまり反映されていない気がします。羅生丸の仕草が懐っこいワンちゃんのそれというくらいでw
あるいは羅生丸や慚鬼丸のように物に憑依させるタイプと違って、物体に自然に生まれた魂(9話参照)だとそこの能力はほとんど関係ないのでしょうかね。
そうすると非常に気になるのが恭介や協会員もしょっちゅう呼び出しているコダマの扱いです。どう見ても即興で魂を憑依させているタイプですが、じゃああの魂はそこらを漂っている野良魂なんでしょうか。ネコ捜索の際のリアクションを見ると一体一体に個性があるのは確かですが、白いスベスベした肌を好むのは割と共通の性質の模様で、まさかそこらにスケベ親父の魂ばかり漂っているわけではないでしょうw
「憑代の特性」はただの紙ですし、となるとあとは「術者の憑力と得意分野」…あっ…(察し)

開斗やハクの話を聞いて気合を入れなおす慚鬼丸。とそこへ協会(烏丸さん)からテレビを見ろとの連絡が入ります。

テレビをつけるとホローラビット(クマver)による動画が流れており、どうやら接触のために呼びつけたテレビスタッフをぶっ飛ばして(ドロップキックやジャイアントスイングで)撮影した模様です。
映像でホローラビットは世間に面白いショーを見せてあげるとマガツヒの卵をチラ見させつつ、恭介(シロ)に僕を追ってこい、君と戦うのを楽しみにしてるよと宣戦布告を行います。

そしてとあるビルの屋上で佇む2人。
1人はクマの着ぐるみを半分脱いだホローラビット。長い金髪で首にチョーカーをしていますが、残念ながら口から首元と後ろ姿しかわからないため現時点では性別は不明です。後ろ姿は男物のシャツを着てダボダボになってる細身の女性に見えるんですけどどうですかねぇ。そういやこれマンガですから成り立つ演出ですけど、声が付いたらモロバレですよねwつまり今後カガミガミがアニメ化することは(ry)

そしてもう1人、マガツヒの卵を改良した金巻という男。PSYRENのジュナスをツンツンヘアーにしたような似たような見た目ですが、タバコ代わりにネジを咥え、額にもネジが埋まっているという科学的というにはなんか微妙に安直なキャラ付けですwそんな彼が空中に映し出されたデバイスでマガツヒの頭部をクリックしたところで今週はおしまいです。

さぁてホローラビットの顔出しも近くなり、これで今度こそマガツヒの卵による無差別テロも起こるでしょうから話が動き出してきました。と同時に最悪あと10週前後で話を畳む場合、もう学校編は無いのかなぁと寂しくもなったり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1478-ab126750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad