NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カガミガミFILE21感想(ジャンプ32号)

先週はUBSで今週はナルト外伝が終わりましたが、予告を見るに次週からの新連載は1本だけのようですから、どうやら今期の終了はこれだけの模様です。

展開やNEXTの番外編を踏まえるととりあえず今期は大丈夫そうなものの、次回が正念場なのは間違いないので全開クライマックスでいってもらいたいカガミガミ第21話の感想です。そういえば全開クライマックスってセリフすっかり出てこなくなりましたね…。

前回のあらすじ:局長も認めるマコのおっぱい

一触即発の状況で局長から部隊選考審査の開催が告げられ、詳しい説明のために一同は会議室へ向かおうとしますが、その前に前回の怒りが収まらない恭介は開斗を侮辱したことについて狗星に謝るよう要求します。それに対し狗星は開斗どころか嘉神家を下賤な一族、周りの家系も皇家に媚びへつらうだけの弱小どもとこき下ろしてその場を去ります。

会議室にて休憩中(居眠り中)の烏丸さんやシドさん達のところへ局長と一同がやってきます。
さて、こっからは局長による選考審査の目的と開催場所等の説明が行われます。
主目的は名目通り精鋭部隊の編成ですが、そのために戦力階級審査を行うことや先の事件で協会員にも数名の犠牲者が出たこと、審査で選ばれなかったものは実戦に出さないこと等を踏まえると、戦力の選別も同時に行う模様です。
まぁそりゃ半端な実力の奴を前線に送り込んだところで被害が増すだけでしょうし至極もっともですが…なんかますますワートリのランク分けみたいになってきたな…。

局長は去り際に審査でトップになったものには部隊長のポジションと相応の指揮権限を与えるとまた煽るような発言をしていったため、各派閥の有力者たちは様々な思惑を巡らすことになります。
あまりよく分かっていない甲兵はともかくとして、姫吊が烏丸派閥であることや局長と副局長がどこにも属さないまとめ役である事なんかが説明されます。おそらく局長としてはこれをエサに各派閥に切磋琢磨してもらいたい狙いがあると思われますが、私的には「面倒なことを…」とつぶやく烏丸さんと同意見です。

とザワつく周囲をよそにここで唐突に狗星が机の上に立ち上がり、不敵な笑みを浮かべてリーダー宣言をかまします。
今までのキャラ的に「せいぜい俺のために働け弱小どもが」とか見下すセリフを言わせればいいのに、「俺はいいリーダーになる…!!」って何で妙に気合が入って爽やかなんでしょうかw

去り際まで相変わらずのスネ夫っぷりを発揮する比良坂の態度に奮起する恭介サイド一同。
ここまで露骨だと見事ですが、一応こいつら味方組織の人間なのですからもう少しマイルドな態度にした方がいいのではないでしょうか。プライドが高くて(新参者の)恭介や開斗を認めないというのならともかく、現状ただの嫌な奴らで敵式神使い相手に共闘する図が全然想像できません。

一方副局長に連れられたマコは金巻の押収品を調べることに。研究機材から黒のボクサーパンツまであると聞いて気合を入れるマコ。
3201.jpg
ボクサーだけにグロ―ブってマコこんなんばっかりですなw

一次試験までの3日間を各自のスケジュールで過ごすそれぞれ。
恭介は慚鬼丸を背中に乗せて腕立てしていれば、甲兵や彩里たちも訓練を重ねている模様。逆に開斗や烏丸さん、姫吊などは普段通りに過ごしているみたいです。そんな中異彩を放つ定食屋でチャーハンをかき込むシドさんとそれを眺める小清水さんw
3202.jpg
会議室のシーンでも隣に座ってましたし、年齢も近そうですからこの2人案外仲がいいのでしょうか。

試験の当日、マコに見送られた恭介と開斗は会場に到着します。
どこかの競技場を改装したかと思しきスタジアムに入ると、受付で何やらガチャガチャから各自一つカプセルを引くことに。
まだ開けないよう言われたカプセルですが外側から中身の様子は一切不明です。受付によると予選では個人の憑代は使わないとのことなので、それ用の憑代が入っているのでしょうか?といいますかそもそも予選で個人の憑代を使わないということのが気になります。
純粋に術者の体術と憑力が試されるのか、あるいはコダマのような汎用式神を用いて競技を行うのか。式神使いということを考えると後者のような気がしますがはてさて。

スタジアムに入った恭介たちの目に飛び込んできたのは3つの四角いリングに参加者の面々という光景。
3203.jpg

う、うーん…誰がどう見ても一分の疑いの余地もないくらいジャンプ伝統のトーナメントとしか言いようがありません。
ヒロアカだって途中までは運動会だったのに、最初からここまで潔いトーナメントの光景は却って久しぶりかもしれません。

参加メンバーには会議室に集まった面々のほかに今まで戦闘描写のなかった烏丸さん(局長に命令されて強制参加)やお祖母ちゃんに促されて参加の小清水さんの姿も。小清水さんいい人そうなのでどこかでおいしい場面与えてあげてほしいですw

そして参加者を前に局長が戦力階級審査こと、〝式神グレードマッチ〟の開催を宣言したところで今週はおしまいです。

おい、何でしょうかこの式神グレードマッチて。
〝ネオ天草〟や〝おしおきTIME〟ほどではありませんが〝梵(BOMB)〟や〝全開クライマックス〟と同じくらいの破壊力はあります。普通に戦力階級審査でいいのになぜ最後に微妙なネーミングセンスをぶっこんでくるんだ岩代先生。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1488-996b9699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。