NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE26感想(ジャンプ37・38号)

今週号の付録より

373801.jpg

せっかく夏休みがお題なんだから天体観測なんかよりももっと他に描くべきものがあるでしょうが!

…と思ったものの、よく考えてみると水着ネタは既に先のNEXTで使ったので避けたのだろうなと推測しつつのカガミガミ第26話の感想です。

一回戦の第3試合は開斗VS甲兵。
ガントライザーで炎コダマを蹴散らす甲兵ですが、狗星曰く中距離戦が得意なヴァーミリオンで甲兵に接近戦を挑むほどバカではないと分析。さて、今週はこのように開斗と甲兵の戦いをダイジェストを見せつつ、烏丸さんによる恭介へのレッスンが中心となる模様です。

カラスの集合体に座りながらの烏丸さんが言うには式神つかいにはいろいろなタイプがおり、甲兵のように近接アタッカーの式神と共闘する闘士型(ウォリアー)や、開斗のように中距離アタッカー+補佐コダマを奥で操る術士型(ウィザード)など各自の特性に合わせて戦法を組み立てていきます。

ところが恭介の場合式神憑依白天丸=シロの力が強すぎるため、それが仇となって動きも狙いも単純になりすぎてしまっているとのこと。まさに脳筋。

一方バトルフィールドの方では炎コダマに囲まれたガントライザーwith甲兵が突破口を求めて浮上しますが、そこを待ち構えていたヴァーミリオンのインフェルノ・ピアースで撃ち落とされてしまいます。
ガントライザーを墜とされた甲兵は「全部わかってたんだよ(強がり)」と直接開斗に殴りかかりますが、それも読んでいた開斗に叩き落とされて敗北してしまいます。

373802.jpg

って、オイ!闘士型が術士型に直接攻撃で負けてどうすんだよ甲兵w
魔法使いに魔法じゃなく物理で負ける戦士みたいで情けないぞ。

いやまぁ闘士型とはいってもあくまで式神と共闘の上であって、術者自身も肉弾戦を得意とするわけではないのでしょうが。おそらくシドさんも同じタイプでしょうが、クシナダ抜きのシドさん単体で戦えるかと言ったらそんなことないでしょうし。
ここは単純に開斗の方がケンカが強かったということでいいと思います。

烏丸さんに対しケチをつけるなと文句を言うハクですが、実際先の戦いでも羅生丸や慚鬼丸がバラバラに動いており、それはシロの力で何とかなると無意識に思っている証拠だと指摘します。
それでもまだ納得しないハクとは対照的に、恭介の方は素直に変身するといつもどうにかなるだろうという自信過剰な気分になってしまうと打ち明けますが、ハクはそんなのノリで何も問題もないだろとアピールします。

その様子に烏丸さん「あーコイツのせいやな」

Exactly(そのとおりでございます)

といいますかやっぱハクの要素がガンなんじゃねーかよ!
おまけに「おしおきTIME」だの「全開クライマックス」だの「華はオレ一人で十分」だの「それに乗るのもまた一興」だの頭を抱えたくなるセリフも全部ハク成分が混じってからじゃないですか。<そのセリフを考えているのは岩代先生

そんなハクに対し、恭介はこれまでの戦いを思い返し確かにこのままでは僕らは成長できないよと告げます。
それを聞いてハク号泣。恭介の顔にへばりついて訴える姿がかわいいです。

しかし恭介には何やら今までの憑依とは別の考えが浮かんだ様子で、改めてハクが必要だと慰めます。
そしてその新しい考えを試してみたいということで烏丸さんに相手をお願いします。
この恭介の思いついた新しい戦法のお披露目は次回以降になるのでしょうがさてどうなることやら。今回タイプの説明が入ったことや、今までの猪突猛進な戦法に苦言を呈されたこと、金巻戦での不完全形態などを考えるとやはり中~遠距離の攻撃を試みるのが順当かなという気もします。
加えて恭介には羅生丸と慚鬼丸という2体の式神(+コダマ)がいるわけですから、立ち回り次第では今回描かれていた開斗と甲兵2人の戦法ができるわけでその点でのアドバンテージは十分あるわけです。

場面変わって1回戦第6試合の姫吊VS光堂は姫吊の圧勝。

373803.jpg
おっ、本誌でも亜楽涅姫に黒目部分が追加されてますな。

烏丸さんが本気を出して嬉しかったはずなのにイライラが募ると物憂げな表情で語る姫吊…そのイライラは恭介が烏丸さんを本気にさせたからなのか、それとも本気になった烏丸さんが自分と戦う前に自ら降参したからなのか…その様子を意味深に眺めるシドさん。

どうやら烏丸さんとの訓練で手がかりを掴んだ恭介がスタジアムに戻ってくると、ちょうど狗星が圧勝している瞬間で今週はおしまいです。狗星、開斗に決勝だと宣告してますが、そうなると先に開斗と当たる比良坂は負けるの前提ですかw

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1496-c2d860af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad