NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE32感想(ジャンプ44号)

うーん、今週ここに書くことなければ気力もありません。掲載順悪いのは最早いつものことですし(酷)

そういうときはさっさと本編入るのが吉のカガミガミ第32話の感想です。


協会本部が終月一族の襲撃を受けた同時刻、スタジアムの方では狗星VS千早が行われている最中でした。
狗星に対して果敢に攻めるも、狗星の手繰る鎖の防御の前にダメージを与えられず疲弊する千早。

4401.jpg

…何でしょう、あざとい切れ目を入れつつも見えないところに抵抗を感じて、こう見ると1話のパンチラも本意ではなかったのかなぁという気がします。

狗星が警戒すべきはオーちゃんではなく式神並みの戦闘力を持つ千早本人と分析。
とここで忍と局長のGHOSTに緊急警報が表示されます。

スタジアムの通路を進む局長の回想。
局長はもともと協会本部ビルで審査を行うつもりでしたが、マガツヒ事件で神経質になっている世間への風当たりを恐れた尾丸田は断固として拒否します。それに対し局長は審査が協会内の派閥争いを終わらせ、若い世代に新しい世界と希望を与えるチャンスと力説しますが、尾丸田にどうしてもやりたいのなら人気のないところでやれと言われたのが今回の経緯の模様です。

スタジアム内に埋まった巨大な目玉(コダマの)の前で刀を地面に突き刺す局長が叫びます。
4402.jpg

そ れ は こ っ ち の セ リ フ だ

襲撃があった後ですから結果論かもしれませんが、わざわざ本部から離れた場所で審査を行うからには何かそれなりの理由があると思っていたのに、単に局長の権力が足りなかっただけとか。
しかも何バカ正直に尾丸田の言葉に従ってるんでしょうか。地下にサイノカミのコントロールルームがあったり、ヘクトヘルの封印があったりするんですから、同様に地下に審査用の会場を用意すればいいだけではないですか。
見つかったらヤバい?それを如何にして見つからないよう狡猾に動くかが局長の腕の見せ所でしょうが。あるいは理想主義の頑固者ってんなら見つかっても強引に押し通すくらいの大胆さを見せつけろよ。
まぁこのトーナメントでこれまでの派閥問題が解決すると本気で考えているようでは仕方ないとも言えますが。結局タイマンで一番強い奴がリーダーになるだけですし、一番強い奴がリーダーになれなかったらなれなかったで不満は出るでしょう。例えば現状狗星と開斗と恭介で誰がリーダーになったとして、表向きは順列が付くでしょうが実際の各自の垣根が取り払われるとはとても思えませんもの。

緊急警報発令により当然試合は中止、烏丸さんや開斗など他の面々のGHOSTにも警報が表示され集合がかけられます。
協会のビルが敵の結界で覆われている映像にマコの安否が心配で取り乱す恭介。そんな恭介に落ち着くよう促す開斗と何かを決意したような表情のハク。
4403.jpg
何でしょう。嘉神家に言い伝わる「禍」を感知したとか?

局長の刀により変形していくスタジアムを眺めながら「こーゆ-のを待ってたんだよ」と嬉しそうに一人呟く狗星。

集まった面々に現時点で判っている状況の説明と審査を本部で行えなかった責任を皆に詫びる局長でしたが、今はそんな事より急いで戻らんとという烏丸さんの言葉に頷き刀に手をかざします。すると変形を始めていたスタジアムが巨大な白鯨となって空に飛び上がり、局長は本部まで15分で着くと告げます。ここ白鯨じゃなくてファンサービスでドラゴンタクシーだったら笑ったんですが。

そしてここでもまた周りに向かって俺が一人で解決してやるからお前ら足手まといは全員引っ込んでろといつぞやと同じような発言を投げかける狗星。空気の読めない狗星にダウナーモードのはずのシドさんもカチン。うん、もうあんまり2重人格設定意味ないですよね。
するとついに恭介がいい加減にしろ、お前は何のために強くなったんだと言い放つと、トラウマを刺激されたのか狗星の表情が一変します。うーん、割といいこと言ってるとは思うんですけど、肝心の恭介も戦う理由を自覚したのなんて先の金巻戦で、作中時間にして2週間くらい前ですからなんだかなーという気もします。それに恭介は知らないでしょうが、狗星の強くなった理由だって本人にとっては存在価値に関わることです。他人から見たらくだらないものでも戦う理由なんてのは人それぞれです。(って冬梧と戦った後のキヨイが言ってました)
もちろん、恭介が「くだらない」と言ってるのは、狗星がこんな状況でまだリーダーだの派閥だのにこだわっている事に対してでしょうが。

ここで局長から終月一族の狙いがヘクトヘルである事、そして開斗より祖父から聞いたヘクトヘルの解説がされます。
開斗が聞いた話によるとヘクトヘルとはいわゆる地獄の事で、何百年に一度この世界とを繋ぐある程度の穴が開くそうです。向こうの世界には濃密な霊気と虚霊(コダマ)が満ち、虚霊は物に憑りついて凶暴化するとのこと。なお、式神協会が用いているコダマも元々は向こうの世界からやってきたもので、長い年月をかけて今のようなのほほんとした姿になじんだとのことです。

虚霊とコダマ、終月一族が用いているコダマの表記が前者になっていたので何か違いがあるのかなとはぼんやりと思っていましたが、こういうことなんですね。

協会本部に近づき、各々の大切な人を心配する局長と恭介。そして一行の目の前に結界の中で崩壊を始めている協会本部の姿が姿を現したところで次回へ。

4404.jpg

おお、最後の見開き、実に不安を煽る感じが出ていて良いではないですか。
恭介や局長はもちろん、大口叩いていた狗星でさえも驚愕しているのが予想していた以上に事態の深刻さを現していると思います。といいますかよく見ると既に真ん中が折れて分離しちゃってますね。

コメント

せんせー比良坂くんが乗ってませーん

>理想主義者の頑固者
ダカライッタジャンネー。
一次審査で最低限の足切りをした後、烏丸姫吊、狗星カイトを夕日バックに河原で殴り合いでもさせれば良かったんですよ。
憑代バラバラにされた人とズドンされた人が不憫でなりません。
そもそも協会内では狗星派が一方的に絡んできてるイメージしか無いので狗星を呼びだして気が済むまで局長を殴らせるだけでも良かったかと思います。

>てめーには関係ねえだろ
一次審査あわや敗退の寸でで小清水に助けられ、二次審査1戦目で烏丸に勝ちを譲られ、2戦目でも姫吊が冷静だったら負けていた主人公への一言に思わず頷いてしまいましたw
カイトと狗星の因縁に少なからずとも影響は与えているとは言え蚊帳の外感は否めませんなぁ。

>お前は何のために強くなったんだ
>ヘクトヘル……?
えー何この子自分が所属してる組織の業務内容今の今まで知らなかったの…
てっきり読者目線に合わせて伏せてるだけかと思ってましたよ。

>獅土さんカチン
これ髪下ろしてはいますけど直前まで若い女の子と一戦交えてたことを考えるとプッツンモードかも分かりませんよ!まぁプリン食べてた時以外にダウナーモードらしい姿は見てない気もしますが…

「あ?何言ってんだテメェ」
A 緊急事態にまだ派閥がどうだ言うのか!今は一丸となってこの状況を打開するべきだろう!(真っ直ぐな瞳で)
B 俺が一人で解決する。リーダーは俺だブッ転がすぞ!(濁った瞳で)

  • 2015/09/30(水) 19:08:27 |
  • URL |
  • TOS #-
  • [ 編集]

狗星「比良坂はオレがおいてきた」

>他人に言われると腹の立つ言葉トップ3に入るのは確実→「だから言っただろ」

殴り合いは…いや、でも局長の思惑は結局そういう事なんですよね。文句があるなら拳で語り合え的な。
そもそもあの人戦闘力でも指揮能力でも局長らしい描写が今のところまともに無いため、無派閥でどうやって局長になれたのか不思議です。

>ぐぅの音も出ない正論
むしろあそこはこの状況を一人で解決できればそれこそ文句なしにリーダー決定でしょうに、一応周りに許可とろうとしている狗星の妙な律義さがw

>蚊帳の外
まっ、最後にはBOWくんとのリターンマッチがちゃんとあるでしょうからそれまでは仕方ありません。

>業務内容未通達
ホ、ホラ学校行ってたり、金巻戦でのケガの療養で協会行ってる時間なかったですし!

>プッツンシドさん
なるほど、直前まで若い女の子と一戦交えていたのを中断されたらそりゃキレますわな(意味深)
といいますか、このせいで唯一まだ式神の名前が判明していない彩里が不憫ですw

>「あ?何言ってたんだテメェ」
C 尾丸田に逆らえず選考審査を本部で行えなかっただけでなく、ヤツにアクセス権限を与えてサイノカミが乗っ取られる遠因を作ったのは俺のせいだ(虚ろな瞳で)

  • 2015/10/01(木) 23:45:22 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1506-99e06f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad