NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE35感想(ジャンプ47号)

たったコップ半杯の水割りで頭は痛いわ、1週間でまたドべ1に戻ってるわでもう散々ですな。

やっぱ慣れないことはやるものではないなと真夜中に実感しつつのカガミガミ第35話の感想です。

協会地下に落ちていったマコのたどり着いた先は床や壁など辺り一面にコダマ(虚霊?)に宿った空間。するとマコのいる足場が突然手の形となって動き出し、その先に見える空間の裂け目へと向かって行きます。おいおい、いつの間に後戻り不可のマップにまで進んでしまったのでしょうか。

一方ヘクトヘルの入り口を目指し、茫たちの侵入ルートを通る恭介たち。
その最中、狗星は先ほど恭介に言われた「お前は何のために強くなったんだ」という言葉とかつて父親から向けられた失望の眼差しを思い返し、逆に恭介へお前は嘉神の教えのために強くなったのかと問い返します。狗星君、あれだけ周りに当たり散らかしていた君が自分からコミュニケーションを取ってくれるようになって先生とても嬉しいですが、質問を質問で返すのは感心しませんねぇ。まずは自分から相手の質問に答えてあげるよう次からは心がけてあげましょう。

狗星の質問に対し、自分と恭介は禍を止めるためにとハクは言おうとします。
しかし恭介はそれを遮って、昔はそうだったけど今は目の前にいる人たちを守るために強くなりたいと答え、今一度狗星にも問い返します。うーむ、前回と比べると今回のこの流れだとそんな不自然な印象はありませんかな。あれですかね、前回の時は狗星の態度に恭介がややキレ気味で突っかかって言ったのが問題で、今回みたいに狗星の方から〝恭介にとって正しくない〟答えを言わせ、それに返答する形であればマシだったのかもしれません。

とそこへ大型の深獄の虚霊が狗星を取り囲みますが、不完全憑依の恭介とヴァーミリオンで問題無く撃退。
会話を聞いていた開斗が勝ち負けなんて関係ない、生き方は他人に押し付けられるもんじゃない(だから俺へ執拗に絡むのはヤメロ)と狗星に言葉をかけます。

地下へ降り立った3人を終月一族の副リーダー格であろう短髪が出迎えます。
4701.jpg

辺りにはヤツに倒されたであろう多数の協会員が積み重ねられており、短髪は骨のある奴なら俺を楽しませてくれと恭介たちを挑発します。するとここまで割と人の話を素直に聞いていた狗星君がどいつもこいつもウゼェと悪態をつきつつも、コイツは俺がやるからお前らはさっさと裂け目を閉じてこいと地味な役割を買って出てくれます。

虚霊の手段をけしかける短髪に対し、黒狼星の鎖を振りかざす狗星。
敵に背を向けながら全部終わってまだ言いたいことがあるのならケンカぐらいは付き合ってやると精一杯のデレっぷりを見せてくれます。

4702.jpg
…結局一回も直接対決しないままコレとかチョロい、チョロすぎるぞ狗星。

一方上層部では生存者の救助を進める局長たちと、先の開斗戦での負傷から気が付いた比良坂の姿が。
目が覚めた比良坂は自戒のためのカッターを探そうとしますが、そんな彼に対して麻葉院は他にやるべきことがあるんじゃないかねと含みのある表情で声をかけます。

4703.jpg
個人的に今週一番の驚きはこの比良坂復活です。
あれから姿が見えないまま本部が襲撃されてしまい、尺的にもてっきり役割も終えたものかと思っていたのに、この感じですとどうやらもう一度くらい見せ場が用意されているみたいではありませんか。狗星のピンチに駆けつける展開(を描く余裕)があるのかどうかは不明ですが、せっかく復活させたのですから何かあると期待しています。

場面変わってコダマの動く歩道が行きつく先まで連れてかれてしまったマコ。
たどり着いた目線の先には深獄の裂け目の結界を解除しようとしている茫withウサギのぬいぐるみの姿が目に入ります。うわーい何もしていないのにマコさんラスボスのところまで来てしまいましたよ。

結界を解除しようとする茫の心には後少しで向こうへ還れるという思いがあるようですが、ってことは茫は12年前の裂け目が開いたときにこっちの世界へ来てしまったという事ですか。先週モヒカンは世界を滅ぼす罪を式神協会に擦り付ける的な事を言ってましたが、それだと茫の還れるという心の声と目的が食い違うような…おじいちゃんの件も含めてこの辺りはまだちょっとわからないですねー。

茫の様子を遠目に観察しつつあれこれ悩んでいたマコですが、近くに寄ってきた虚霊を追い払おうと手に触れた瞬間、辺り一帯の虚霊が光の束となって深獄へと続く橋へとなってしまいました。その上光の束のせいで結界が遮られて裂け目を防ぐことができなくなってしまい、思わず茫もニヤリ。おい、もう何やってんですかマコ。探偵としてどうにかするとかいう以前にかなり取り返しのつかない事態になっているじゃないですか。いやまぁマコにどうしようもないのはわかっているのですけど…。

マコを発見した茫はその不思議な力に対し、昔々2つの世界を自由に行き来できる一族がいたらしいととってつけたような終月一族の伝承を語り、その力を持った人間であるマコを自分の役に立つと連れて行こうとします。
一話から重要な設定だったマコの能力の秘密もそうですし、そのマコがこの場に居合わせるまでの過程が傍目に見ても雑すぎて、もう正直この辺りはちょっと見るのが辛いです。

とそこへいつの間にか到着していた恭介(キツネ耳バージョン)がひとり絶妙のタイミングでマコから手を離せと現れます。うん、恭介くんコレ絶対物陰からタイミング見計らってたでしょ。そして開斗どこ行った。

恭介の姿を見てあの時の憎たらしい君かと言う茫ですが、確かショッピングモールでホローラビットと遭遇した時は最初からシロ形態で、ぬいぐるみが消えるまでも憑依は解除されていなかった気がするのですが。つまり茫はシロ形態の恭介しか知らないはずなのに不完全憑依の姿を見て何であの時のってわかるんですかねぇ…。すごく好意的に補完すれば金巻戦を離れたところから観察していたから知っていたとフォローできなくもないですが、まぁ書いてる本人もムリがある擁護なのは百も承知です。

そして茫は特別な能力を持つマコを花嫁にすると宣言し、ホローラビットマーク2を繰り出してきたところで今週はおしまいです。

4704.jpg
この溢れ出るラスボス前座感。
ゲームだと中盤の山場で一度戦い、ラストで再戦、倒したと思ったらラスボス(大抵すべてを滅ぼすものとか暗黒の支配者みたいに抽象的な存在)が登場という展開です。

しかし花嫁ですか…別に前回の戦い及び世界を滅ぼそうとするものVS守ろうとするものという因縁だけで十二分なはずなのに、更にヒロインの争奪戦まで組み込む必要性があるのかは甚だ疑問です。言っちゃ悪いですが終盤に向けて話の詰め込み方が段々雑になってきてる印象は否めません。

ちょっと今回は辛口な感想になってしまいましたが、仮に終わるにしてもできるだけ終わり良ければの方向へ持っていってもらいたいと思っているのが正直な気持ちなので…。

コメント

掲載順どこ…また飲まなきゃ…

軽い二日酔いの時はいっそ開き直って朝から飲むとスッキリするんですけど以前もビール1本で倒れたようなことを書かれているので機会があれば自己責任でお試しください。

>チョロ星
緊急事態だから一時的に味方になるのかと思ったらここまでチョロかったとは…どこでフラグが立ったのか皆目見当が付きません。彩里ちゃんとか完全に嬲られ損じゃないですかー。

>本部でのやり取りの違和感
守りたいものを自覚した恭介が初めて?友達の為に怒りを露わにするというシーンだったと思いますが違和感ありましたねぇ。
それまで感情をハッキリ表に出してこなかったというのが大きいのか、単行本で修正されるまで恭介がカイトにろくに連絡を取ってさえいなかったという描写から薄気味悪くすらありました。そりゃあチョロ星も「何いきなりキレてんだ……?」ですよ、会話になってませんでしたもん。カイワッテダイジデスネ。

>麻葉院「デコ切る前に服を着ろ」
この巻きっぷりを考えるとチョロ星助けに行くような余裕はあるのかと疑問ですが、気付いたら合流して短髪を倒してるようなコマを一つ挟む程度かもしれません。個人的には戦えるなら日浦達のところが一番戦力薄そうなのでそっちに合流して欲しいです。

>マコさん永久就職
羅刹の力もそうでしたけどここに来てマコさんの能力を終月の伝承で済ませてしまうのは残念ですなー。
繁殖の話は置いておくとして、マコさんを嫁にする理由もちょっと分かりません。単に好みだったのか、二つの世界を自由に行き来する能力が欲しいのか。後者だと開門=世界滅亡にちょっと疑問が湧きます。門が開いたら開きっぱなしであればそもそもマコさん必要無いですし。

>憎いあん畜生
そんなホイホイ狐耳生やした人間が居ても困るのでこれは積極的にスルーしましたw

>諸々雑な進め方
1話で世界滅亡シーンと終わりは決まってるような描写を入れてしまったのが尾を引いてますね。余裕があればいくらでも掘り下げられたんでしょうが現実は厳しいかな1話で出した結末に向けて全開クライマックスになってます。
このまま終わるにしてもストリーキング準チャンピョンの意地を見せて欲しいものです。

>休日に見る仕事の夢
内容に関わらず悪夢ですね。ストレスが溜まってるのかも分かりません。ご自愛くださいませ。

  • 2015/10/20(火) 20:16:58 |
  • URL |
  • TOS #-
  • [ 編集]

他にやるべきこと(アンケ)

普通にこの感想書いた後9時から仕事でしたから迎え酒する余裕なんてありませんでしたよフヒヒ<壊れ気味
やっぱ私には酒よりお茶の方が合っているようで。

>フラグ回収
「か、烏丸からの任務で仕方なくあんた達のお膳立てしてあげるんだから勘違いしないでよね!」ということで実は烏丸さんにメロメロだった説を一つ。

>キレる若者
またそれまでが比較的優等生に描かれていたものですから、あの辺りは悪い意味でギャップを感じました。
これも結局のところ今に至るまで恭介のキャラが今一つ定まっていない(ように見える)のが根本的な原因なんでしょうねぇ。

>せっかく治してやったのに自傷するな
尺的にも描写的にも狗星が苦戦する相手とは思えませんが、個人的には何か一つくらい報われるシーンを入れてあげて欲しいです。

>ガントライザーのところへ合流希望
千早・狗星戦でボロボロのスカート・カッター…あっ(察し)

>深獄の花嫁
茫の話を聞く限り自由に行き来できる能力を買ってるように見えますが、そうなると仰るように目的と食い違うような…もうやっぱりおっぱいに目が眩んだという事にしましょうw

>露出狂の意地を見せてほしい(直球)
冒頭でラストの1シーンを描いておくというのはゲームや映画などでも割と見かける手法だと思うのですが、こういうのはあらかじめ尺が決まっている作品でこそ効果を発揮するのであって、連載向きの手法ではないと痛感します。

ただ先に結末(らしきもの)を描いてしまっている以上、たとえ途中をすっ飛ばしても締めの部分だけは綺麗にまとめる算段は持っていると思いますよ。思いたい。

  • 2015/10/22(木) 00:39:42 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

ツマミが無いなら切手を舐めればいいじゃない

人のこと言えないんですけど朝早いですなー。

>狗星ビッチ説
あれだけカイトカイト言ってて本命が烏丸…!
ビッチ!なんというビッチ…!

>恭介のキャラが良く分からない問題
いい子なのは分かるんですよね。それ以外が何なのかサッパリ分かりません。学校回で一般人の同じ年代の子と交流を持ってそこら辺の掘り下げをするのかと思ったら沙耶ちゃんをコマして終わったのが悔やまれます。

>報われろ比良坂
この手のキャラは報われないまま終わっても美味しいですし報われるならそれはそれで良いと思います。
日浦達への合流は狗星、皇派の派閥争いの精算ですよ!別に今さら千早ちゃんのおパンツが見たいなんて言いませんよ!見せてくれるなら見てやってもいいですけどね!

>終わり良ければ全て良し
ブン投げるようなことはしないでしょうしそこは心配しません。贅沢を言うならばある程度予想が付く展開の上を行って欲しいです。

  • 2015/10/23(金) 20:09:51 |
  • URL |
  • TOS #-
  • [ 編集]

酒臭い切手→コイツは少年じゃない→アンケ無効

早いというか、単に酔いが醒めたのがあの時間だっただけで普段は8時半くらいです。

>狗星・イェラビッチ先生
逆に考えるのです。
姫吊に限らず自然と周りをたらしこんでしまう烏丸さんこそが真の(ry)

>いい子なんだけど…
まさにその通りで。
そういう意味でも甲兵や千早たちを学校で登場させて絡ませれば…などと後悔は尽きません。

>1話以降結局無いパンチラ
報われても報われなくてもオイシイってそんなヒリューみたいなw

>期待
ソードマスターとか年表なみのオチという事ですね!(違)

  • 2015/10/24(土) 00:58:57 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1513-a76ece64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad