NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ケロブラスター

先日ようやくSteamでも配信されたケロブラスターをプレイしていたので、久しぶりにまともにゲームの感想でも。

kerobla1.jpg

まぁ、といいましても

〝インディーズゲーム界隈で知らない奴はモグリと言われても仕方ない、あの「洞窟物語」を制作した開発室Pixelの新作2Dアクション〟

たぶんこの一文だけで伝わる人には伝わると思いますが、もう少しざっくばらんに説明するとジャンルはステージクリア型のアクションシューティングです。一つこなすたびに次から次へと発生する新たな仕事、一向に終わらない残業…本来仕事のための休みだったはずが、いつからか休むための仕事と逆転してしまった会社勤めの人々(?)が今日こそ定時で切り上げて帰るために奮闘する悲哀を描いたとかそうでもないとかそんな感じのストーリーです。

…で本来ならここからゲームシステムの解説に始まり、良かった点や悪かった点などを書き連ね、最後にまとめるというのがゲームの感想を書くときのパターンだった気がするのですが、しばらくそういう事を書いていないのでここからどう文章を展開していいのかよくわからなくなってきました。

そもそも繰り返しになりますが上の一文だけで言いたいことの全てはほとんど完結してしまっているのです。

1回目は苦労するものの2回目以降はサクサク進める絶妙な道中に何度も繰り返し挑戦することで自然と攻略法が見えてくるボス戦というゲームバランスは、レトロなグラフィックを採用しながらも決して中身まで昔のゲームのように理不尽でないことの証明です。

加えてショップで装備を購入・強化するシステムを採用することでアクションが苦手な人をフォローする一方、やり込みたいプレイヤーには自主的な縛りができるよう双方への気遣いもパーフェクトです。更に細かく目を向ければ装備の使い分けや強化の順番さえも普通に進めていくうえで自然と順当な選択をするようになっています。例えば前半面ではボスを倒すと新しい装備が手に入りますが、次のステージの序盤ではそれを使うためのチュートリアルになっており、ショップに差し掛かるころにはレベル2へパワーアップさせるためのお金が自然と溜まるようになっています。

そしてそういった2Dアクションとしての根幹を支える操作性は良好とくれば後はもう何もいう事はありません。
上の一文で完結しているというのはそれだけの意味が込められているという事なのです。

強いて言えば攻撃の時など上方向を向いたときに画面も一緒にスクロールするのが、足場を渡っていくシーンや一部のボス戦で逆に煩わしく感じたくらいで、それすらも人によってはというレベルかもしれません。

kerobla2.jpg
kerobla3.jpg

ハードモードにあたる残業モードではステージからボスに至るまでノーマルとはまったく異なる内容になっており、ノーマルが物足りなかったプレイヤーもきっと満足できるはずでしょう。

ただ、これはゲームそのものに対する不満ではないのですが一つ心配になることがあります。
それは洞窟物語との比較、特に有料かそうでないかという点においてです。
洞窟物語がこれだけの評価を得ていることの一端に、フリーソフトにも関わらずあれだけ作り込まれているというのは少なからずあるでしょう。それと比較するとこのケロブラスターは有料ではあるもののボリューム不足という風に受け止められかねないのです。

本来採算度外視であれだけ作り込まれている洞窟物語が例外中の例外であり、ケロブラスターも普通に考えれば余裕で値段以上の価値があるゲームなのですが、なまじ洞窟物語の評価が高すぎるだけ相対的に下がってしまう気がしないか心配なのです。特に今の時代はあの頃よりも(基本)無料のゲームが手軽に遊べるようになっているだけに。

私としては面白いゲームを遊ばせてくれた人に対して正当な対価を支払う事は何ら惜しくもないのですが、世の中の状況もいろいろと変化している事は頭の片隅に入れておかないといけません。

まぁそんな理屈はともかく2Dアクションゲームが好きなら胸を張ってオススメできる一品、それで十分です。
以上ケロブラスターの感想でした。

コメント

リセット!リセット!

>休日観念の逆転
人生とかいう糞ゲー。
イベントも何も起きずに淡々と時間だけ奪われていきます。
回数制限付きでセーブとロード機能くらい欲しかったですなー。

  • 2015/12/02(水) 05:48:29 |
  • URL |
  • TOS #-
  • [ 編集]

テレビゲーム世代ほどリセットの怖さを知っている

スタートの時点で難易度に大きな差があるにも関わらず選択不可。
レベルが上がってもパラメータの伸びには個人差があるどころか、しまいには下がるものもある始末。
じゃあ熟練度でカバーしようにも上昇度合はこれまた個人差あり。
何もしなくとも時間とともに減少する所持金と満腹度。
ドラクエ5のように奴隷イベントはあってもその後に結婚イベントがあるかは不明。
セーブ&ロード不可のローグライク仕様。

クロスレビューなら3点が妥当のまったくもって酷いゲームバランスのゲームですなw

  • 2015/12/04(金) 20:54:59 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1523-23762a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad