NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

RGB接続ができれば10万でもいいけども

このままではせっかくのダラバーCSのACモードが満足にプレイできないという事でさっそく新しいモニタを買ってしまいました。
普段の生活の買い物はシビアですが、今回のように必要だと判断した時はケチらず使うのが正しいお金の使い方だと思っています。他人からすればたかが時代遅れの2DSTG一本でわざわざ新しいモニタを買うほどかと思われるでしょうが、少なくとも私にとってはそれだけの価値があるゲームなのは確かですから。

買ったのはASUSのVS24AHLという24.1インチ、解像度1,920×1,200のモニタです。
相場は検索かけてもらえばすぐに出てくるでしょうが、予算範囲内でWUXGAの候補はいくつかありましたが、PC本体と合わせてASUSのにしました。世間の評判はどうかわかりませんが、私の中でASUSは値段の割に良いものを提供してくれていると評価が高いので。

dbcs004.jpg

おぉ!1680×945のウィンドウモードですがそれでも前と比べると1.5倍近く、画面が広がってプレイしやすさが段違いではないですか!さっそくネクストでクジラルートに挑戦してみましたが、ギリギリとは言えノーコンティニューでクリアできましたしこれなら十分すぎます。むしろこのままCSモードをプレイすると画面が大きすぎて視界に入らないくらいです。

ともかくこれでダラバーCSを快適に遊べる環境は万全になった事ですからバリバリ遊んでいくことにしましょう。



さてこのモニタですが、実は値段や解像度以外に嬉しい誤算がありました。
商品説明のところにも少し触れられていますが、何と画面の方向を90度回転させる事が出来るのです。

そして賢明な人ならこれが何を意味するのかピンとくるでしょう。
つまりこういう事です!

27120805.jpg

見よ!家庭用で縦シューを遊ぶ時の永遠の悩みであった縦画面がこんな簡単に!
もちろんブラウン管と液晶との差異であるとか入力端子の問題とか、とても全てをカバーできるはずはありませんが、それでも360やPS3以降に発売された相当数のタイトルが対応できます。

21インチ30kgのブラウン管の向きを変える苦労を考えるとまったくもって技術の進歩を実感せざるを得ません。いや、そっちの方は相変わらずレトロゲーや基板を遊ぶ時にやらなきゃいけないんですけど。

27120804.jpg

後は性質上絶対ムリだとわかってますけどRGB21ピンが直に接続できる縦置き液晶モニタがあればなー。

それにしてもまさか縦画面までこんな形で恩恵を受けるとは、私の中でASUSの株がまた一段上昇したとともに、肝心のコレを活かせる縦シューがもっと出ないかなと思うのでありました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1526-66bc4a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad