NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

管理化社会の弊害によって引き起こされた事案といえよう

12月に入って会社から年末調整の書類を提出するように言われ、どうせ養う相手もいなければ一生このまま何も残さず朽ち果ててくのが確定している独り身に何も書くことなんかねーよ!と即時提出しようとしたのですが、そこでピタとボールペンを持つ手が止まりました。

「マイナンバー」

そうです、国が個人の資産を把握するため、あるいは単に天下りの組織を増やすために昨年から導入されたあのろくでもない番号の事です。

そういえば確か去年も記入したっけなと思いつつ、どうせ証券会社にも提出する必要あったなと思いながら探してみたのですが、番号が記載された通知カードが見つからないではありませんか。
持ち歩くものではありませんから家のどこかにあるとは思うのですが、重要書類がしまってあるところを何度調べても一向に出てきやしません。

仕方がないので市役所に再発行の手続きをしに行ったところ、再発行には少なくとも2週間はかかるとのこと。
おいおい、それじゃ会社の提出期限に間に合わないではありませんか。

紛失したので延期してくださいというのも社会人としてバツが悪いですし、そもそも今月分の給与で調整されるものですから延期を頼んだところで間に合いません。

どうしたものかと市役所の方に相談したところ、番号だけならば住民票にも記載されているので即日発行できるというアドバイスが。

そこで改めてその場で番号の記載された住民票を請求し、わずか15分足らずで無事マイナンバーを確認することができました。手数料300円。

ついでにその住民票を通知カードの代わりとして重要書類一式のところに保管しておくことにしました。

という訳で自分のマイナンバーが必要になったけれど記載されたカードを紛失してしまい、再発行まで待てない・時間がないという方は住民票で確認する方法もありますよという話でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1576-096cd5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)