NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

あんだーてー

そういえば少し前のSteamでトラ魔女オリジンがようやく配信されたのでとりあえず購入しておいたのですが、それとは別にセール期間中でしたので、前々から評判が高くて気になっていたUndertaleも一緒に購入しました。

で現在特に次にやるゲームも決まっていない状態でしたので、じゃあちょうどいいやとそのUndertaleを始めてみる事にしました。
undertale.jpg



30分後、そこには初めてSteamで購入したゲームを返品する私の姿がありました。

undertale2.jpg



いやいや、Steamで購入していまだ未プレイのまま積んでるゲームはいくつかありますが、返品リクエストしたのはマジで初めてです。間違えて購入した斑鳩ですら返品しようなんて一度たりとも思ったことないのにですよ。

大体STGならともかくRPGで30分もプレイしない内から面白さなんて1ミクロンもわかるはずがありません。
仮につまらなかったとしてもそう判断するのはある程度(RPGならエンディングくらい)プレイしてからでも遅くはないはずです。

そうです、面白いかそうでないかなんてこの時点で判断できるわけがないのです。
それなのになぜそんな即返品などという腐れゲーオタ的行為に出たのか。

理由?

「何か嫌」

だからです。


…えーと、スイマセン。理解してもらえるかは別としてもその辺は一応説明しないといけませんよね。

監視されているような気がするんですよ。このゲーム。

おいおい、ついに精神病か危ないクスリ、あるいはどこからか電波を受信してしまったのかと思われかねませんが、そういう事ではなくて…ゲーム内におけるプレイヤーの行動を逐一見張られているような、そんな気がするのです。

ゲーム開始直後のクソ花は攻撃を避けたらいきなり逆上してきましたし、その後に現れたヤギっぽいキャラもチュートリアル風に親切に道案内をしてくれましたが、孤児を慈愛するかのような行動やセリフの節々が妙にどこか引っかかります。

そして決定的だったのが自由行動ができるようになった後、すぐそばにいるカエルらしきキャラのセリフとその後の戦闘でした。
「僕たち友好的なモンスターは見逃してあげてね」
正確な訳はあれですが、たぶんこんな感じのニュアンスでした。

その後歩いているとランダムエンカウントが発生するのですが、確かに普通に倒す以外に交渉や見逃すで戦闘を終了させることができるのです。

そこでピンと来てしまいました。
絶対何か重要な部分に関わるヤツですよねコレ。
おそらく隠しパラメータで善人度のようなのが設定されていて、モンスターを倒すとそれが下がっていって展開が分岐するとかそういうやつです。それもベストルートに進むためには一匹でも倒したら取り返しがつかなくなるとかそれくらいの。

いや、たぶんそれだけではないでしょう。
ここに至るまでの最初のチュートリアルのようなやりとりですら何かあったはずです。
例えば指定された通りに道を歩かなかったり、違うスイッチを押したりしただけで何かのフラグになっていてもおかしくありません。
民家のツボやタンスを調べてアイテムを取ったのがフラグにされる可能性も悪人的な行為という意味では十分考えられます。
そういうのが、この後ももっとたくさん仕掛けられているでしょう。

そしてこういうゲームはいずれ殆どのプレイヤーが無意識に聖域と思っているシステムやメッセージ部分にまで手を出してくるでしょう。例えばセーブを例に挙げますと、それまで普通に利用していたセーブポイントがある時突然「セーブできると思うなよ!」というメッセージと共に使用不可になるという具合です。
他にはイベントの選択肢を誤ってやり直そうとリセットしても実は裏でオートセーブされていてやり直せないどころか、「ゲームだからリセットしたらやり直せると思った?」といったプレイヤーの心理を見透かしたようなメッセージや展開になるとか。

私は新しいゲームをするときはできるだけいろいろな行動を試してみます。
なぜなら最初私はそのゲームの事を何も知らない状態であり、楽しむためには多くの事を知りたいからです。
ですからツボやタンス、本棚だけでなく、どうでもいいようなオブジェにまでリアクションがあったりすると嬉しいです。

でもこのUndertaleというゲームはこのほんのわずか30分足らずの間でそれを逆手に取るような片鱗が、ファミコン風(MOTHERっぽい)のグラフィックのあちらこちらから見え隠れしています。私がこのゲームに抱いた印象は「面白そう」「難しそう」「つまらなさそう」といったゲームを表現する一般的な印象の言葉ではありません。ふさわしい言葉を挙げるとすれば「悪辣」あたりでしょうかね。

監視されている気がするというのはこういう意味であり、それが「何か嫌」と感じたのです。

このゲームはもしかしたらしばらく起動してないと「前回起動してから○日経過しています、どうしてプレイしないのですか?」というメッセージがデスクトップ上に勝手に表示されるかもしれません。
いやいやwさすがにそこまで行くとスパイウェアですし、第一プログラム的にもあり得ないはずですが、心の片隅にもしかしたら…という疑念が拭いきれません。疑心暗鬼って怖いですね。

ですから初めて返品リクエストを行ったのです。
このゲームをSteamのライブラリから、私のPCから一秒でも早く消してしまいたい。

きっと今回書いた内容は99.9%の人には理解されないでしょう。でもそういう人間なのですから仕方ないのです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1577-3c86be31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad