NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

D-LIVE!!最終回

週刊少年サンデーで私が毎週楽しみしていた「D-LIVE!!」がついに最終回となりました。最後の方はちと駆け足気味な展開のようでしたが、3年以上の連載も無事円満終了を迎えたわけで皆川先生お疲れ様でした。

これを機に来週からサンデー買うのもしばらく止めようかと思っています。他によく読む漫画が無いこともないのですが、ここ数年かなりの勢いで低年齢向けの雑誌へと移行している(感がある)ので正直もったいないのです。

皆川先生や夏目先生の新連載がいつかまた始まったら買うのも再開しようかと。それまでは立ち読みで十分です。


ここで唐突にD-LIVE!!の中で私のお気に入りエピソードベスト3でも書いてみましょう。D-LIVE!!を読んだ事の無い人にはさっぱりわからないでしょうが、気にせず進めます。知ってる人はディスプレイの前でニヤニヤしたり首を傾けたりしてやってください。

3位:エピソード11「ラスト・アクション・ヒーロー」
最後数ページの映画的描き方・構成はまさに作品中で斑鳩が出演した映画「ワイルドラン」を見ているような印象でした。
皆川先生の画力の凄さは今の少年漫画誌でも並ぶ方はいないのではないかなと個人的には思っております。

2位:エピソード08「敵対水域」
潜水艦による深海での救助活動。
部外者である斑鳩に対する周囲の人間の心理的な変化、深海という場所で繰り広げられる無人攻撃機との行き詰る攻防、気持ちの良いラストなど見所たっぷりのエピソード。
様々な乗り物が登場するD-LIVE!!において潜水艦というのはスピードが無い部類の乗り物ですが、だからこそ緊張感溢れる内容が描かれていると思います。2時間くらいの映画やドラマを見てるような感じでした。

1位:エピソード33「グレート・レース」
マン島でのサイドカーレースで優勝を目指す話です。
主人公斑鳩とライバルであるロコが最強コンビとして手を組んだこのエピソード、D-LIVE!!読者で燃えなかった奴がいるだろうか!?本誌での見開きシーンには震えが来ました。
これ以降ヒゲのオッサン(ロコ)がこの漫画のヒロインとなってしまったエピソードでもあります(笑)


いやー書いてて思わず熱くなってしまいます。
もちろんこれ以外でも面白いエピソードはたくさんあるのでもっと挙げたいくらいですが止まらなくなってしまうので・・・。興味が沸いた人はぜひ本屋で手に取っていただきたいものです。他の漫画と違って大判サイズなのでちょっと高いですけど・・・。(描き込み量が多く、通常のコミックスだと印刷で真っ黒になってしまうためだそうです)

最新14巻は来月で最終の15巻は8月発売予定ですか。って最終巻が出るの遅いですね。まぁ外伝などの加筆があることを期待して待っております。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/163-32090005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad