NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

MOTHER3経過その3

バイト先から急に呼び出しがあったので手短に。
現在第7章の終盤・・・だと思われます。

この7章が今までの章では一番長いです。
とある理由から7つの場所をめぐる展開になっているのですが、おさるさんとの再会があったり、アンドーナツが好きな博士がゲスト出演していたり、サターンな人たちの村へお邪魔したり、温泉でコーヒーをいただいて冒険を振り返ったり、例のバッジの伏線が張られていたり、海の中歩いたり、幻覚を見たりといろいろありました。

サターンな人たちといってもサターン星人じゃありませんのであしからず。

MOTHER3をプレイしてつぶさに感じられるのが「ゲーム内での時間」が流れているという事です。
主人公達は頻繁にはじまりの村へと戻ってきますが、そこでは毎回と言っていいほど村の様子がどこかしら変わっています。
もちろんMOTHERですから単に村に新しい建物ができているのではありません。村人の様子やセリフが変化しているのですね。

具体的にどう変化しているのかは書きませんが、何となくそれを通じて糸井さんからのメッセージがあるような・・・そんな気はします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/178-a24f0295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad