NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

洞窟物語2回目終了/桃色甘味

「洞窟物語」の2回目、今度は初回のプレイで見逃していたいろいろなイベントもしっかりこなしてエンディングを迎えました。1回目で苦労していた最後の洞窟もいつの間にか数回のチャレンジで突破できるようになっていました。

そして隠しダンジョンも出現したのですが、これがまたキツイの何の。隠しダンジョンのタイムアタックも含めてまだまだ遊びがいはありそうなのですが、さすがにこれ以上はキーボードでは限界と感じたのでこの辺で終わりにしておきたいと思います。

だいたい左手方向キー(レバー)+右手ボタンという操作法に慣れている中、普段とは逆のキーボードでよく本編クリアできたというのが正直なところです。最後の洞窟なんてどれだけ指がつるかと思ったことか。
というわけでもしこれから興味を持って遊んでみようという方でアクションに自信の無い方にはゲームパッドでのプレイを強くオススメします。もちろんキーボードでもできないことは無いですが・・・。

それにしてもこれほどのものがフリーソフトとは信じられないくらいです。シェアウェアだったとしても損はしないかと思います。ただ、作者の方としてはおそらくより多くの人に遊んでもらうためにフリーを選ばれたのではないでしょうか。
それにコンシューマーやアーケードのゲームと違って趣味で制作されているだけあって、「アクションが好きで作っているのだなぁ」というのがゲーム全体からひしひしと感じられました。

願わくばコンシューマーやアーケードの2Dアクション業界にもこういうイキの良いゲームがもっと出てくれれば・・・いや、またネガティブな方向につなげるのはよしましょう。洞窟物語はとても良いゲームでした、それだけで十分でしょう。



ピンクスゥイーツが近くのゲーセンに入荷されていたので勇気を出して1回プレイしてみました。

でまぁとりあえず一番左の2人組を選択して2面でゲームオーバーになってしまったのですが、見た目に反してゲーム内容は意外と硬派?な印象でした。

特筆すべきシステムとしてはショットを撃たないでいると自機の前方にシールドが発生して敵弾を防ぎ、さらに一定時間シールドを展開していると前方にボムみたいなタメ攻撃ができるという点でしょうか。
これには使用制限は無く、何回でも使えるのでたぶん戦略的に重要な要素だと思います。
ただラジルギでもそうだったのですが下手にシールドを張れるようにすると、慣れない内は敵の攻撃を避けるべきかシールドで防ぐべきかの判断に迷うのでとっつきはあまりよくないと思います。

どちらにせよこのようなシールドというのはこれまでのケイブシューティングに無かった(と思います)防御行動なので、意外とケイブシューティングに慣れた人でも苦戦しそうな気配が。

問題は・・・やっぱりそこかしこから溢れ出ている「歪んだ」萌え要素・・・か。
キャラクターもそうですが、1面ボスキャラがわけのわからない歌を歌っていたり(歌詞まで出てくる)と私には生理的に厳しいです。それに鋳薔薇のキャラにも別に興味ないですし。

ですからまぁ残念ながらこれから積極的にプレイする事はほぼ無いかと・・・だいたい今はぐわんげの方が楽しいので。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/191-afb7c835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad