NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

VとⅤ

さて、約10日ぶりにぐわんげをプレイしてみますか…と思ったのですが、別の台の怒首領蜂が「V・Ⅴ」に入れ替わっていたのを発見したので今日はそちらをプレイ。

V・Ⅴは1年位前に少しプレイした事があっただけで、その時はただの古臭い縦シューぐらいにしか思いませんでした。
ところが今プレイしてみると以前とは180度違ってすごく面白いゲームのように感じられました。
3面途中までしか進めませんでしたけど、続けざまに3クレジットも投入してしまいました。

一体どこが面白かったのでしょうか?

東亜プランシューでは珍しくグラディウス形式のパワーアップシステムで、その上バリアの存在まであるから?
ショット・ホーミング・ミサイルの3種類の武装をどこで切り替えて進んでいくのか試行錯誤するのが楽しいから?
ボス戦の音楽がむやみに熱いから?

うーん…これらの要素ももちろんあるのですが、「敵の攻撃を必死に避けつつ撃ち込むのが気持ちよかった」というシューティングの基本みたいな部分がしっかりしているように感じたから、という単純な理由が一番しっくり来るかもしれません。

ただ一度ミスすると復活するのはかなり厳しそうなのでその辺は練習が必要でしょうな。

とりあえずすごく気に入ったのでぐわんげと交代でプレイしていこうかなと思っております。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/195-49839129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad