NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

プロのフィーリング・プロ

某氏より

「テレビ自体片付けてしまったので物理的に見られない…って、では家庭用機のゲームをプレイする時や、ニュースはどうしてるのですか?」


まずニュースに関して言えば、新聞とネットがあれば世間一般的な情報は十分入手できるので困る事は全くありません。
ここで「コロコロポストニン」ネタでも入れようかと思いましたけど、誰にも伝わりそうに無いので却下


では肝心要のゲームをプレイする時ですが、何もテレビだけが映像を映す機械ではないのです。

コンバーターを使って周波数を変えてやればPC用のモニタにゲーム機やビデオの映像を映す事も可能ですし、ビデオキャプチャーを使えば画像撮影や動画撮影もできます。
そんなわけで私はPC用のモニタで家庭用のゲーム機を遊んで……いません。

なぜそうしないのかにはいろいろ理由はありますが、一番の理由は使っているモニタが液晶だという事です。
液晶だとシューティングやレースゲーム(私はあまりプレイしませんが)のように動きの速いゲームでは残像が残ってしまってゲームにならないのです。
さらにアップスキャン(15kHz→31kHz、要するに家庭用ゲーム機の周波数をPC用モニタの対応周波数に変換)をかますと表示遅延も発生するのがそれに輪をかけます。もちろん画質も劣化しますし。

仮に使っているPC用モニタがブラウン管(CRT)なら多少はまともになりますが、それならはじめから普通にテレビを使えばいいという事になります。


では結局のところ何を使って家庭用ゲーム機の映像を映しているのかと言うと…PC用ではないモニタ、具体的には「プロフィール・プロ」というモニタです。

プロフィール・プロとはソニーのトリニトロンカラーモニタ「プロフィール」シリーズの1種でして、主にテレビ局のスタジオやイベントなどの展示用ディスプレイとして活躍したブラウン管モニタです。一般にも販売されていたので半業務用ってところですかね。

私が愛用しているのはそのプロフィール・プロの21インチ(KX-21HV1S)なのです。




約18年前の古い機種ですが、そのクオリティの高さは今も衰えていません。さらに独特のキュービックスタイルがそこらのテレビとは一線を画したデザインで非常に気に入っております。

また以前私はSFC用のRGB21ピンケーブルを購入しましたが、このアナログRGB21ピンが接続できるのも非常に大きいです。
RGBは映像出力においてほぼ最高(D端子、コンポーネントの方が見やすいという人もいますが、この辺は好み?)の画質なのですが、何分アナログRGB21ピンは古い規格で、90年代半ば以降のテレビにはほとんどついておりません。今ではアーケード用の筐体か業務用モニタくらいにしか搭載されていないのではないでしょうか。一応ソニーのWEGAシリーズにはAVマルチという端子が付いていて、変換ケーブルをつなげばRGB21ピンもつなげるそうですが。

このRGB21ピン端子が他にも非常に大きな役割を果たしてくれるのですが、それはまた別の機会で。

さすがに物が物だけあってコンポーネントやD端子は搭載されておりませんが、S端子は付いており(21HV1Sの「1S」がS端子のことです)もともとのプロフィール・プロの性能とあいまってかなり良い映像を提供してくれます。

ちなみにこのプロフィール・プロにはテレビチューナーは付いておらず(チューナーつければ可能ですけど)、またスピーカーも付いておりませんので別につなげる必要があります。
上の写真でチラッと写っていますね。
こう聞くと普通の人は何だか不便なように感じるかもしれませんが、ひたすらモニタ機能に特化したその性能とスタイルがまたカッコイイのですよ。


後は縦シューをプレイする人間にとって大きな悩みでもある「縦置き」についてもいろいろあるのですが……これは確実に大丈夫と言うわけではないのでやめておきましょう。
それにこの21インチでさえ約30kg、27インチだと約50kgにもなるので気軽に縦横の向きを変えるなんてできないですしね。
向きを変えたときの衝撃で故障する可能性もありますし

さてかなり長くなってしまいましたが、要するにこのプロフィール・プロというモニタは私にとってはまさに理想のモニタだという事です。
今でこそソニーの製品は壊れやすいと言われていますが、昔の、特に映像機器に関しては品質と耐久力を兼ね備えた素晴らしい製品を作るメーカーだったと思います。
ちなみに実家には予備としてKX-21HV1を1台預かってもらっています。プロフィールの後継機となる機種は開発されていませんし(WEGAは違うよなぁ)、品質的にも満足のいく代替品が見つからないからです。


おまけ:



おなじみダラ外。
イマイチ暗かったり照明が映りこんでいるのは私の取り方が下手&デジカメの性能であって、プロフィール・プロにもダラ外にもサターンにも責任は無いです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/198-f67e99b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad