NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ゲーオタとしての居場所

E3での発表以降いろんなゲーム系ブログやサイトでPS3が叩かれている様子を見ていると何かやりきれない気持ちになります。

別に私はPS3を擁護するつもりはありません。「20GBモデルでさえ6万以上という値段はゲーム機としては高すぎる」という意見はもっともだと思いますし、幾らブルーレイ再生機として低価格であったとしても、現在のブルーレイの認知度を考えればこの反応が普通だと思います。

じゃあ何がやりきれない気持ちにさせるのかというと、「ハード叩き」とでも言いましょうかね。
これはPS3だけではなくWiiにも、Xbox360にも、DSにもPSPにも当てはまるのですが、結局のところ何のためにハードを買うかといえば、ソフトを遊ぶためであるわけです。

まず遊びたいゲームが先にあって、そのためにゲーム機が存在しているんじゃないかなと私は思っています。


例えばマザー4がWiiで出るとなれば(「マザー4は無いです」って糸井さんが公言されましたけど)、例え10万以上の値段でもWiiを買うでしょうし、ナイツの続編が360で発表されたとすれば、バイト代をもらった翌日にでも即360を買ってきます。(もちろん安く済むに越した事はないというのはありますが)

別に私はPS3派でもなければWii派でもなく、ましてやXbox360派でもありません。自分が求めるゲームさえあればどこにだって行く気はあります。

もっとも、私の求める「ゲーム」というのが基本的に古臭いものばかりで現状どの次世代機(DS含め)にもそれがほとんど見当たらないため、結局どのハードにもあまり惹かれないというのが事実ですが。(でサターンや初代プレステにお熱を上げていると。)


ゲーオタだと自負しながらもこれからのゲーム業界に自分の居場所が見出せそうにない私のような人間は一体どこへ行けばいいんでしょうか。
DSやWiiで提案される今までに無い形でのゲーム、PS3や360で実現するであろうハイスペックなゲーム、ネットゲーやWi-fiによる通信機能など他人との関わりが重要な要素を持つゲーム、こういった「新しいゲーム」のどれ一つとして適応できない(したくない)ゲーオタなんて救いようが無い、いやむしろゲーム業界にとっては害悪をもたらす存在でしょうな。
「ゲームから離れてしまった人を呼び戻したい」と言っていたさすがの任天堂もこんな奴はいらないだろうな。

いっその事これから先のことには興味を示さず、過去のソフト資産だけを漁っていくという方法もあります。それでも一生ゲームには不自由しないでしょうし、「レトロ」「懐古主義」「時代遅れ」などの形容詞が付くとはいえ一応ゲーオタという立場も守る事はできるでしょう。でしょうけど…。


やっぱりそろそろ変わらなきゃいけないのか……?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/202-9dd6c4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad