NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

「変わった」?「終わった」?

ゲーム機戦争は終わった

内容についてはまぁそんなもんでしょうなというくらいです。
SCE・任天堂・マイクロソフト三社の方向性(ゲーム機に対するイデオロギーとやら)の違いを示しているという事は最後まで読めばわかります。

私が気になったのはタイトル、「ゲーム機戦争は変わった」なら本文内にも使われていて何の違和感もないのですが、何でわざわざ「終わった」としてあるのでしょうかね。

単に誤植なら引っ掛かってごめんなさい。

そうではないとしたら…な~んか意図的なものを感じます。

何というのでしょうかね…ミスリード、つまり誤読を誘うようにして付けられたタイトルのような気がします。

でどういう風に誤読させるのかというと、「(次世代)ゲーム機戦争は既に決着が付いている」という事は容易に予想が付くでしょう。

もしこれが誤読させるためではなく、本当にはじめからそういう意味を込めてこのタイトルを付けたというのならお粗末にも程があるでしょう。
だってそうでしょう、発売まで半年近く先の(次世代)ゲーム機戦争に対して「圧倒的に有利・不利だろう」といった予想をするのは別に普通のことですが、未来人か特定ハードの支持者でもない限り「終わった」などと断言できるはずないでしょうが。


でも最後までしっかり読めば内容は冒頭に書いたような事がメインだというのはわかりますし、3社が対立しなくなった事を指して「戦争は終わった」という風にタイトルをつけたのだとは思いますが。

私の考え過ぎか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/209-cc1aa985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad