NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

シューティングは一人用?

コンシューマーではWi-Fiによる通信機能、PCではオンラインゲーム、アーケードではカードを使用したゲームや格ゲーといったように、対人コミュニケーションによってゲームの面白さが格段にアップするというジャンルはいくつもあります。

さてそんな中2Dシューティングはどうかというと、せいぜいがスコアの競い合いくらい、ましてやそれも一部のスコアラーが頑張っているくらいで私のようにクリアを目指すだけでいっぱいっぱいなプレイヤーにはほとんど縁の無いものです。

それにゲーセンでシューティングというと一人で黙々とプレイしているようなイメージも強いですし(私だけのイメージであると願いたいですが)、ゲーム的にも一人プレイを前提としたバランスのものがほとんどではないでしょうか。

にも関わらずシューティングには二人同時プレイが可能なものが多いのですよね。しかもティンクルや旋光の輪舞のような一部を除き、「協力プレイ」がほとんど。
さてその協力プレイによって他のジャンルのように面白さがアップするかというと…微妙なところです。

アイテムの事を考えたり、弾避け(特に弾幕シューでは自機狙い弾が分散されてすさまじい事に)で神経を使う点が多いのがマイナスなのでしょうかね。

ただ実際に試した事はありませんが想像してみたら楽しそうなタイトルもいくつかあります。

斑鳩:白担当と黒担当に別れてプレイ。倒す敵も分担。

トゥエルブスタッグ:二人でレバーを激しくガチャガチャしている光景。

ギガウイング2:二人で一つのスコアなのでスコアタックが楽しそう。

アンデフ:純粋に戦力2倍って感じがするので。


彩京キャラシューで楽しくなるのは合間のデモなので却下。
どうもショット以外の特殊要素があると面白そうな感じになる気がします。ちなみに斑鳩とは逆にシルバーガンの場合はとんでもない足の引っ張り合いになりそうな予感がします。


まぁこんなこと書いても、現実ではシューティングやっている友人が誰もいないという悲しい状況なのですけど。それにどうしたって桃鉄やボンバーマンなど定番系のゲームの方が複数でプレイしていて盛り上がるからなぁ。


DS辺りで複数で楽しめそうなパーティゲームとしてのシューティングをどこか出してみてくれないですかねぇ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/239-fea24235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad