NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

私の望むシャイニングとキャメロット

新たな『シャイニング』始動! 『シャイニングフォース イクサ』


ネオの流れを汲むRPGですか。

まっある程度覚悟はしていましたが、やはり私が望んでいたシャイニングシリーズ(もっと言えばシャイニング・フォースⅣ)というのが新作として出ることはあることが起こらない限りもうないのでしょう。

そもそも私の望むシャイニングシリーズというのがどういうものなのかについて述べておきましょう。

・高橋兄弟や田口さんといったスタッフを中心とした開発。要するに現キャメロットであることです。キャメロット以外ではクライマックスでも一応可。
テキストがダサいとか、これはクソゲーだとか(「シャイニング・ウィズダム」、シャイニング以外では「ビヨンド・ザ・ビヨンド」も)時々文句も言っておりますが、やっぱりサターンまでのシャイニングシリーズに携わったソニック→キャメロットでないとしっくりこないのです。

・「フォース」と名前のついた作品はシミュレーションRPG(タクティカルRPG<FEと区別するなら)


この2点が守られている作品ならば、それは私の望むシャイニングシリーズです。出来はともかくとして。

キャラデザインですが、玉木美孝さん(ダクネスや1、ソウルなどのキャラデザイン担当)でなければ認めないとは別に思っていません。もちろん玉木さんの描くキャラは魅力的なので担当されるとなれば大歓迎ですが。
ただ人間キャラ以外の種族(ホビット・エルフ・ケンタウロス・ドワーフ・鳥人など)の特徴については過去作を踏襲してもらいたいと思ってはいます。ネコ耳がついただけの獣人や天使の羽がついただけで鳥人とするのはやめてくれ。


「シャイニング・プロジェクト」がスタートして2年以上経過、GBAでの「黒き竜の復活」あたりまで期待してましたが現在では冒頭に書いたようにほとんど諦めています。ティアーズやネオで新規層の獲得もあったでしょうからプロジェクトそのものが失敗だとは思っていません。実際私もネオはプレイして面白いゲームだと感じました。ただ、私や一部の人が期待していた方向とは違っていただけのことです。
余談ですがネオの開発がネバーランドカンパニーと知った時はちと驚きました。アスカ(いつもの「風来のシレン外伝アスカ見参」の事ね)に続いて私の好きなシリーズにネバーが関わってくるとは…と。


では私の望むシャイニングシリーズは今後本当に期待できないのかという事についてですが、最初に書いた「あること」でも起こらない限り絶対無理でしょう。その「あること」というのは「セガとキャメロットの和解」です。フォースⅢを最後にキャメロットは任天堂ハードでの開発がほとんどです。現状キャメロット=任天堂ハードの優良サードパーティというのが妥当な図式でしょう。キャメロットが好きといってもフォースⅢ以前のことなど無関心な人たちも多いでしょう。(それに任天堂派にとってシミュレーションRPGといえばまずFEですものな)あとPSの「みんなのゴルフ」も確かキャメロットでしたね。

ここで「セガとキャメロットの仲が悪いなんてどこにソースがあるんだよ」と疑問に思われる方も多いでしょうが、もちろん私も憶測で言っているのではなくちゃんと根拠はあります。

フォースⅢのディスクをPCで覗いた事のある方はお分かりでしょうが、その中のあるファイルにメインプログラマーである田口さんによる開発日記のような文章が記録されています。
それをそのまま載せる事はしませんが、シナリオ1・2→3と進むにつれ文章は増え、プレミアムディスクでは当時のセガ(ドリキャス発表あたり)とキャメロットの考え方が違ってきたというところまで記されています。

その後のキャメロットの動きもこれを読んでいるとおそらく納得できるでしょう。

「シャイニング・プロジェクト」のスタートの際にキャメロットの名前が無かったのも、約6年の間に再び両者の考えが交わらなかったからで、残念ながらそれは今でもそうなのでしょう。

私としてはいつか両社が(特にセガ側から)また組んでくれる事を願っているのですけどね…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/249-8e5ded65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad