NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

チンクルスタースプライツ

なんかDSでこんなゲームが出るみたいで、バカゲー好きの間などで話題になっているみたいです。


このゲームについてどういった印象をもたれたでしょうか?
おそらく「面白そう」「つまらなさそう」「ふざけすぎ」「斬新」など人によって様々な印象をもたれると思います。

では私はどうかというと「怖い」と感じました。面白そうとかつまらなさそうではなく、ただひたすらに「怖い」。それも幽霊や不気味な怪物といったホラー的な怖さではなく、考えているだけで気分がどんどん沈んでいく類の怖さです。

そもそもこのチンクルなるキャラは「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」で初登場したキャラです。ムジュラの舞台となるタルミナは3日後に月が落ちてきて崩壊してしまう世界で、そのせいか登場人物達も他のシリーズと違ってどこか不気味な人物ばかりでした。

このチンクルも例外にもれず、緑色のタイツを着用して妖精になる事を夢見る35歳のおっさんという設定です。そんな冗談のような設定ですから、こいつの事をお笑いキャラだと多くのプレイヤーが思ったはずです。

でも私はこいつを見ても全然笑えませんでした。つまらないという意味では決してありません。35歳にもなってブラブラして奇妙な格好をしてほとんど妄想のような戯言を言っているこいつをどうやって笑えと言うんだ?妖精こそいませんが現実にもそういう人はいるんじゃないのか?自分だってまだ若いですが、もしかしたらそうなる可能性もあるんじゃないか?
「ゲームだから割り切って楽しまなきゃ」と言われても払拭できない暗さを感じてしまうのです。

そういう事が頭に浮かんでしまって見るたび怖くなるのです。
こいつを笑うことができるのは自分には関係ない世界のキャラだと思える人(小中学生や定職のある社会人など)なんじゃないかと思います。

その後の風のタクトやスマブラDXなんかにも出ていて、人気キャラのような扱いされているのを見ても不安になります。


こうなってくると被害妄想はさらにひどくなる訳で、終いにはこいつを登場させるたびに任天堂が「ゲームは子供とその親たちのものであって、ゲーム業界を腐らせる元凶たるゲーオタどもはプレイすんじゃねーよ。ゲームばっかしてるとこのチンクルみたいなやつになっちまうぞ」と私達を揶揄しているようにさえ感じてしまいます。重症だな、おい。


このもぎたてチンクルとやらを心の底から笑ってプレイできるような日はいつか来るのでしょうかねぇ…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/264-764b61e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad