NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

シナリオ3その5(バトル28・29)

1ヶ月以上続けてきた自己満足全開のSF3も今回で最後です。

長い道のりを経てついに合流を果たしたシャイニング・フォースの面々、後はラスボスのブルザムに挑むだけです。

バトル28は最初で最後の3元中継マップですが、ジュリアン軍以外の2軍がシナリオ1・2クリア時のステータスという状態なので少し戦略を練る必要があります。




ザコ敵の1体であるドラゴンニュートですらこれくらいの能力です。前回のを見ていただくとわかりますが、シンビオス軍のキャラだと2回は耐えられないですね。

そこで取るべき戦法ですが、まず攻撃面では魔法使い系キャラを魔法をメインに、武器相性の良いキャラで攻撃を仕掛けます。物理防御力に関係なくダメージを与えられるのが魔法のメリットです。そしてSF3では相性の良い相手及び必殺技発動時にはEXダメージというボーナス値が加算されるのですが、これは相手の防御力に関係なくダメージを与えられます。

防御面では防御力アップのサポートとレジストをかけつつ、防御力の高いキャラを前面に出して後衛をカバー。もちろんできるだけ地形効果の高い地形を選びます。ただ結局のところHP・防御力に優れ、もっとも狙われやすい主人公(シンビオス・メディオン・ジュリアン)をオトリにするのがベストでしょう。

また使用することで魔法効果のあるアイテム(ゲイルランス=サポートL2、アークハルバード=スパークL3など)を装備できるキャラはたくさん持たせておくのが吉です。

…なんだ、要は基本通りの戦法ですね。
シナリオ1・2からほとんど使わずに持ち越した消費アイテムも最後なので気兼ねなく使いましょう。エリクサーはラストまで使わないタイプなのでそういうのはいっぱい余ってます。


<バトル28-1>



シンビオス軍は邪神宮の左側の塔を担当。マップが狭く、敵の数も多いのでシンビオス・マスキュリン・ヌーンのスパークが有効です。あんまり積極的には攻めてこないのでじっくりいきましょう。




このブルザムの大司祭がシンビオス・メディオン軍共通のボスです。インフェルノは約30前後のダメージ。こいつがシンビオス軍とメディオン軍のラスボスでは歯ごたえが無さ過ぎというのが世間的な評価ですが、今回のプレイではちょうどいい相手です。といいますか、はじめからこの場合(リターンを使わないで進める)を想定した強さなのでは?




途中ホーストが攻撃を仕掛けた際のカウンターで倒されましたが、それ以外のメンバーは1人も倒される事無く大司祭撃破でシンビオス軍の役目は終了。

<バトル28-2>



メディオン軍は右側の塔を担当。森が多いので移動には手間取りますが、地形効果が高く囲まれにくいのは好都合です。そういえば3軍中このピコピン軍師だけは途中交代せずに最初から最後までいたな…。

ジュリアン軍以外で唯一最上級職のメディオンがいるので全体的にはシンビオス軍よりも楽です。と思ってゆっくり進んでいたら敵の一部がジュリアン軍に送られる事になってしまいました。はじめて見たよ、そんなの。

メディオン以外ではウォルツ・バーナードの弓兵コンビが武器相性のおかげで必殺技連発、はづきが村正の即死必殺技&攻撃力アップのアタック、シンテシスとヘドバの魔法といったあたりが活躍し、シンビオス軍よりも有利に進めることができました。




メディオンの必殺技ヘリカルスピンが発動。レイピア系はザクザク刺す効果音が気持ちいいね。




そりゃまぁジュリアン軍に5体回した分早く終わるのも当然なんだが…。こちらは1人も倒される事無く撃破。

<バトル28-3>



中央を通るジュリアン軍はシナリオ1から久々のバサンダ母子とシナリオ3序盤に登場したワルキューレが相手です。また例によって逃げ場のない狭い通路でワルキューレから雷光が放たれます。

メディオン軍のせいで5体追加されましたが、ジュリアン軍は強さ的に問題無しなのでむしろ経験値としてありがたく頂戴しておきます。あとはまぁ負の雷光をオーラで回復しつつ、ボスの召喚魔法に気をつければOKでしょう。

<バトル29>
シンビオス軍とメディオン軍の活躍によってブルザムの鎮座する邪神宮内部へと進軍したジュリアン軍。ブルザム+バサンダ以外の3司祭が相手でいよいよラストです。一つ残念なのはブルザムと戦うのはジュリアン軍という事です。やはりラストはジュメシン3軍からプレイヤーの好きなメンバーを選んで戦ってみたかったです。




へぇーなるほどーじゃあさんにんのしさいをさきにたおさないとぶるざむにだめーじをあたえられないんだー。うわーいすごくせつめいてきなせりふー。




デスへレンを倒して1ターン以内にグラシアで祝福をかけるとジェーンは味方になってくれますが、放置しておくと敵になります。なお今までの流れからいって当然のようにジェーンには消えてもらいました。わーい、プリンセスサークルゲットでうれしいな♪




あとは効率的な布陣(支援効果など)でブルザムにひたすら攻撃を加えるだけ。HPが2000以上あるのでまぁ気長に。

<エンディング>
エンディングについて詳しくは書きませんが、たぶんプレイした人は皆物足りないと思ったのではないでしょうかねぇ。確かにブルザムは倒したんだけどそれ以外の問題(主にドミ公関連)の放置っぷりが…。シナリオ1・2を通じて共和国と帝国の政治抗争がメインだっただけにそこが解決していないのが消化不良の原因なのです。(黄金の太陽の投げっぷりよりかははるかにマシですが。)

もしSF4が出るのならその辺の続きになるようなストーリーが欲しいと思います。




「シャイニング・フォースよ永遠なれ」ってか。




皆と別れ1人旅立つジュリアン。ジェーンを生かしておいた場合2人で旅立ちますが、個人的にジュリアンは一匹狼であって欲しいのでこれがベストエンディング。ところでこの後ろ姿だと光の使徒から勇者に戻ってないか?


さてこれにてリターン禁止で進めてきたSFⅢ3部作も終了です。当初の目的はリターンがあるから戦略性が低いといったSFをわかっていない意見に対する反論の意味を込めてのスタートでした。もし今までSFシリーズをプレイしてリターンを使わずに進めた事がない人、あるいはSFシリーズに興味を持ってこれからはじめてみようと思われた方はぜひ一度お試し下さい。
(1回普通にクリアしてからの方がいいですけどね。)

それとは別に私自身の全体の感想としては、3部作という最近のRPGよりもボリュームのあるゲーム、しかも一度クリアした事があるにもかかわらず途中で飽きることなく最後まで楽しめたのが驚きです。プレイヤーの工夫次第で何度でも楽しめるゲームというのはいいゲームだなと改めて実感しました。

そう考えるとゲーム(ビデオゲームに限らず)のいい所というのはそういうところですよね。
(おまけ)
ジュメシン3軍が合流したため、最終戦直前では本陣もなんと3つ用意されております。しかも主人公を交代可能なので、シンビオスでメディオン軍の本陣へお邪魔するといった事も可能に!わぉ!

ここまではそんな主人公ごとの各本陣での注目シーンをいくつかピックアップしていきます。



シンビオス⇔ジェイド(メディオン軍)
兄ガロッシュの仇と思い込んでいたシンビオスとようやく対面を果たしますが、誤解はちゃんと解けております。まぁこの場合はジェイドではなくガロッシュとの再会の方がシチュエーション的に燃えるのですが。



シンビオス⇔アーサー(メディオン軍)
シンビオス、メディオン共にスタート直後出会うことができる洗濯の騎士アーサー。余談ですが、このアーサーはSF1のアーサーと同一人物?それともファンサービスか?



シンビオス⇔バーナード(メディオン軍)

シナリオ1でシンビオスが助けないと登場しないバーナード。テメーあの時助けてやったのに暴言を吐いた上に、しかも共和国軍の将軍に対して(シンビオス立場的にそうですよね)いち弓兵が許せよって何でそんなに偉そうなんだよ。



シンビオス⇔スピリテッド(ジュリアン軍)
そりゃあれだけ「死ねぇぇぇぇ!!」って即死必殺技のデッドドライブかまされたんだから怖いに決まってるよ。



メディオン⇔マーキィ(ジュリアン軍)
王子、食われるよ!逃げて!逃げて!



メディオン⇔ウノマ(ジュリアン軍)
シナリオ2のラストでラーメン食ってたふざけたジジイ・ウノマとの再会ですが、向こうは全く覚えていない様子。



メディオン⇔ヌーン(シンビオス軍)
そう言ってくれるのはありがたいのですが…



ジュリアン⇔メディオン
とこのようにドミ公の怒りを買ったメディオンはもう帝国には戻れないわけでして、ヌーンの予感は大ハズレです。やっぱりドミ公を何とかしないと!



ジュリアン⇔マスキュリン(シンビオス軍)
シナリオ1でジュリアンが滝つぼに落ちたときに心配していたりと短い間に妙に親密になっていた2人ですが特に何も無く。あと死にかけ→パワーアップってシンビオスはサイヤ人か。



ジュリアン⇔ヘイワード(シンビオス軍)
同じ傭兵という事で親近感を抱いていたというヘイワードですが、ジュリアンが1軍を率いるリーダーになっていた事に差を付けられたと驚きます。いやいや、ヘイワードだって序盤からラストまで大活躍してくれたじゃないか。



ジュリアン⇔ロビィ(メディオン軍)
このポンコツ、仮にもジュメシンの1人の名前をメモリーから消すつもりだったのかよ!



ジュリアンでジュリアン軍本陣の片隅に座っているウノマに話しかけるとこのように。仲間になったではなく、いすわったというあたりがまたなんとも…。



ペンとペンコを仲間にした場合のみ、子供がたくさん登場。
父親は大変です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/289-a1511dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad