NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

シューターの条件?

別にマジになって一つ一つ条件を挙げたりするなんてことは一切ないのであしからず。


「秘密結社です」


2年ほど前に1度読んだ事があったのですが、今改めて読んでみても実によくできた話だと当時以上に感心してしまいました。
まぁシューティングを知らない方達にはどの辺が面白いのかさっぱりわからないでしょうが。

ただ一つこれを読み終えて気になったのですが、この話では全体を通じて「シューター=スコアを稼ごうとするシューティングプレイヤー」という位置づけが重要な意味を持っているのですよね。そうでなければオチも成り立ちませんし。

2年前もそうだったのですが、やはり今でもこれだけがどうも今ひとつ腑に落ちないのです。

稼げなければ、もっと極端に言えば上手くなければシューターと言う資格がないのか?という話です。

私の考えとしてはできることなら技術の上手下手ではなく、プレイする量と割合、加えてシューティングに対する思い入れで区別したほうがいいのではないかなと。シューティングが好きで、シューティングばかりプレイしている人なら誰でもシューターと名乗ってもいいと思っています。

そもそもこういう特殊な呼び方があるのってシューティングだけなのでは?アクションゲームが得意・好きな人をアクターなんて呼びませんし、格ゲープレイヤーや音ゲープレイヤー(格ゲーマー・音ゲーマー)だって上にジャンル名が付いただけですし。何かそういうところにも閉鎖的な印象を受けてしまうんだよなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/322-bbc17292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad