NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

「それポン」半分読了/探偵クロスの特別ファイル発見

「それポン」約半分読み終わりました。
TVゲーム以前のピンボールを中心としたアメリカアーケード業界の話から始まって、日本の老舗3社(タイトー・セガ・ナムコ)の創業、アタリ社の功績などここまででも非常に深い内容て満足しています。

という事でここまで読んでいていろいろ思ったことなどを適当にいくつか。

・TVゲーム以前のピンボールが主流の時代からゲーミング機(スロットやビンゴのようにプレイヤーの技術を一切必要としない類の遊技機。多くはギャンブル用)との区別およびそれを一般人に理解してもらために先人達は苦心していたという話ですが、やはりゲームというものは見返り(お金や景品)を求めて遊ぶのではなく、それ自体を楽しむ事にこそ意味があるのだなと改めて思いました。


・もしタイムマシンがあったとしたら日本中にアーケードTVゲームというものを爆発的に広めたインベーダーブームのすさまじさをぜひ体験したみたくなりました。ゲーセンまるごとインベーダーの筐体&順番待ちの人々とか今では、いやこれ以降も絶対考えられないですもの。

そしてその生みの親であるタイトーすごい、超スゴイです。ますますタイトーに心奪われるぞ。あれだけインベーダーを引っ張るのも(もちろん消費者的にはいい加減にしろとは思いますが)こりゃ当然かと納得してしまいました。

あとこの本を読んではじめて気が付いたのですが、インベーダーのタイトル画面で「PLAY」という文字のYが逆向きになっていて、しばらくするとインベーダーがそれを持ち去って正しく直すとか、「INSERT CCOIN」の一つ多いCをインベーダーがビームで壊すという演出があるということで、タイメモ下巻で確認してみたらまさにそのとおりでした。TVゲームの黎明期にも関わらず実に粋な演出を盛り込むものだと感嘆してしまいました。


・中村製作所ことナムコもエライ。何がエライかってインベーダーブームの最中どこもかしこもインベーダーのコピー品ばかり出していたにも関わらず、ナムコは手を出さずにインベーダーを越えるオリジナル作品=ギャラクシアンを作り出そうとし、実際そうしたところです。


・セガは…もう少ししたら大型筐体も登場すると思うので本領発揮はそれから…だといいなぁ。最初から「永遠の2番手」な空気が若干感じられるのは気のせいですよね?


・ゲームおよび業者を悪者にしようとする輩はインベーダーブームの頃からいたのですね。いや、理解しようとせずにとにかく規制したがる輩はいつの時代だっているという話だけなのかもしれません。


まぁ他にもいろいろと思うところはあるのですが、現時点で特に気になった箇所はこんなところです。
それとこの本のおかげで「ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」の豪華さが結構理解できるようになってしまったのは嬉しいやら悲しいやらでちょっと複雑です(苦笑)「ディフェンダー」と「スマッシュTV」なんかが収録されていればより嬉しいのですけど…。うーん、今のうちに買っておくべきか?



以前ザプレで連載されていたクロス探偵物語の連載コーナーとそこに収録されていた小説の話をしましたが、なんと偶然発見して購入したPS版の攻略本に小説が全話収録されていました!

既にクリアはしていたので回想録のつもりで買ってみたのですが、これは予期せぬ非常にうれしいプレゼントです。素晴らしい、超偉いぞ(当時の)リフトバソク&ザ・プレジャー!箱崎ネッ子をけしかけた甲斐がありましたよ。ついでに蒼穹も(略)

コメント

私も、「それポン」去年の暮れに購入して一応読破しました。
コレを読み終わるとレトロゲーを何故かやりたくなったり・・・(笑)
あと、ゲームメーカーのロゴを見ると旧社名が頭をよぎったり。(汗)
しかし、風営法のページを読めば読むほど存在に疑問符が付きますね。

  • 2006/10/15(日) 23:42:49 |
  • URL |
  • 登山道 #-
  • [ 編集]

登山道さんも購入されていましたか。郷愁や過去への興味などは個々人で異なるでしょうが、読後レトロゲーがやりたくなるのはおそらく全員共通でしょうね。

旧社名…CAVEを見ると東亜プランが、タイムワーナーインタラクティブを見るとテンゲンがよぎるとか(違)

あの章を読むと日本の業界に対する理解の無さの象徴と言っても過言ではないですよね>新風営法

  • 2006/10/16(月) 23:42:27 |
  • URL |
  • 筆者 #bUOqhcfc
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/333-da73e1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad