NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

自主録音の話

ニューファミコンを久しぶりに引っ張り出して「沙羅曼蛇」や「クインティ」「ロックマン3」などを適当に食い散らかしていたところ、そういえばMOTHERのゲーム中の音楽を録音していなかったことを思い出したので録音作業開始。

一応解説しておきますと、MOTHERのサントラはボーカル入りなど全曲がまるで洋楽のようにアレンジされており、それはそれでとても満足できるものなのですが、ゲーム音源の方は最後の1トラックにメドレー形式で収録されているという形式なのです。その後の再販版の方では以前未収録だった曲も含めて完全版となっていましたが、メドレー形式は相変わらずで、MOTHER1+2のサントラもアレンジバージョンでした。
つまりゲーム音源がちゃんと1トラックずつ収録されたサントラが発売されていないのです。

私はサントラが無いゲーム・入手困難なゲームの場合は自主録音をよくします。その際サウンドテストがあるのが理想なのですが、MOTHERのようにサウンドテストが付いていないゲームも多々あります。こういう場合は仕方が無いのでいろいろ工夫しながらゲームを操作&同時に録音をします。

例えばMOTHERならテレポーテーションをわざと失敗して曲頭の無音状態を作ったり、終盤のイベントで1人になって1人のときのフィールド曲を流れるようにしたりとか。さすがに特定のイベントでしか流れない曲のためにやり直したりはしませんが。

特に好きな曲を何ループもさせたり、編集で自分なりにメドレーにしてみたりするのも自主録音の楽しみの一つです。アナログな感覚ですが、こういうのもなかなか楽しいものです。

MOTHERの録音が終わったので、次はFE外伝の録音開始。個人的にはシリーズで一番の名曲揃いのゲームです。アルム軍ターンの曲や3章フィールドの曲なんかがお気に入りです。こちらは隠しコマンドを入力する事でサウンドテストモードに入れるので録音は簡単。

ついでにスカイガンナーのOPも録音しておこう。でもスカイガンナーのOPに関してはあの素晴らしいアニメが無いと魅力半減かな。

というわけで今は早速録音したMOTHERの曲を流しながらこれを書いているのでありましたとさ。



余談ですが、今までで録音に一番苦労したゲームはナイツですね。苦労というか取捨選択に困ったというか…。

ナイツにはゲーム中にサウンドテストもありますし、CDを再生すればボス戦やエンディング曲まで聴けるという一見すると全く問題が無いように見えます。ところが実は各ステージの曲にある工夫が施されているのが問題だったのです。

一つのステージの曲は5~8つのパートに分類されているのですが、ナイツをプレイされた事のある方ならご存知のようにこの各パートの曲がプレイ状況に応じて変化するのです。
具体的にはナイトピアンの好感度によって4種類ずつ、これにより例えば5つのパートがあるステージなら4の5乗という事で実に1024通りもの組み合わせが存在するのです。
ステージは全部で6+1(クリスマスナイツ)の7つですが、こんなの全パターン録音なんて当然できるわけがありませんし、そもそも狙ったパターンの曲にすることさえまず不可能です。

そこで役に立つのがクリスマスナイツでして、各パートの自由な組み合わせで曲を聞くことのできるモードが収録されているのです。ただやはり全パターンは現実的ではないので、「AAAA」や「BBBB」のように全てのパートで同じ好感度というパターンをそれぞれ4つずつ録音することで一応納得する事にしました。
そうして聞いていると、その4種類(同じ好感度だけの曲)はそれぞれ別の曲にもかかわらず、パートごとにどのように組合わせても違和感なくつながるという事がとても不思議であるように感じるのです。

全然余談じゃないですな…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/349-7b359e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメをよく見てみると

パワーアップ本作品ではパワーアップの構成はグラディウスと同じようなものであるが、パワーアップの方法はカプセルとゲージによるカプセルストック方式ではなく、それぞれの装備に該当するアイテムを取得する事によって行う。アイテムの出現位置は全て固定。なお、これらは

  • 2007/03/10(土) 14:06:13 |
  • アニメをよく見てみると

FC2Ad