NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

いつもの

眠いです。

お金が無いといいながらサターン版の「極上パロディウスだ!デラックスパック」を見つけたのでつい買ってしまいました。プレステ版は以前から割と見かけたのですけどね。

パロディウスは子供の頃家にあったファミコン版をそこそこプレイしたくらい、極上はSFCのを友達から借りて数回プレイしたくらいで、当時はとりわけ熱心にプレイしたわけではないです。当然元ネタもどの辺が「パロ」なのかも知るはずがありませんでした。

家に帰って(モニタを横に戻して)早速初代からプレイ開始。

…あぁなるほど、「真面目にバカ」の見本みたいなゲームですな、これは。もちろん褒め言葉ですとも。どの辺がパロディなのか今ならわかりますが、それよりもゲーム内容が普通にグラディウスしている事の方に驚きました。当然ちちびんたリカを避けようとして地形に衝突しましたよ、ええ。

プレイする前はこれがあればPSP版は買わなくとも構わないかなと少なからず思っていたのですが、どうやら逆になりそうです。



奇々怪界と同様にたまにプレイするティンクルスタースプライツ、今回久々にメヴィウスも倒せてメモリー女王までいけたのですが、やっぱり勝てませんでした。メヴィウスもそうなのですが、ボスを送り込んでも速攻で撃破しやがるのが納得できません。

うーむ、ティンクルも欲しくなってきたなぁ。
ドリキャス版は除外するとしていろいろおまけが充実しているサターン版か、あるいは入手しやすくアーケード版も収録されているPS2版か、いっそのこと業務用という手も…。とりあえず今は保留しておく事にしましょう。



大往生自体は全然進展が無いのですが、その代わりにサターン版の怒首領蜂で1周できるようになっていました。もちろんC-Sでボム使いまくりですが。

サターン版の怒首領蜂は処理落ちしないせいでアーケード版よりも難しく、購入した当初は5面が限界だったのですが今回気まぐれでプレイしていたら初めて1周に加えて、偶然にも2周目の条件も満たしていました。大佐の「よろしく」を見たのは以前アーケードで1度見たとき以来です。

これは大往生の速い弾で目が慣らされたおかげなのか…?
それよりも大往生で先に進めるようになりたいのですが…。



アンデフは5面のパターン練習中です。
1機+ボム3個あれば何とかいけそうかなという感じです。

ただ、むしろ問題は5面よりも1~4面での思わぬミスをしてしまうことです。アンデフでは弾幕シューのような避けられない(と感じてしまう)攻撃というのは皆無に等しいのですが、避けたつもりが当たっていたというシーンが非常に多いのです。ボムを全部使い切って死ぬのが珍しいくらいです。

これを無くなさい限りクリアは見えてこないだろうなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/361-5aa88c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad