NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

なぜなら私は(以下略)

メタルウルフカオスとりあえず1周終わりましたのでいつものように以下適当に感想でも。

ゲーム内容はミッションクリアタイプの3Dアクションです。

大統領の装着するパワードスーツはバックパックに最大8つまで武器を収納でき、ミッション中に持ち変えることができます。武器はマシンガンやミサイルなど幾つかの系統があり、当然のように特徴も異なります。武器は基本的に資金を投入してより強いものを作成していく事になります。
こういった重火器による攻撃がメインですが、踏みつけ攻撃やブーストダッシュなどでもダメージを与える事も可能です。


ゲームを進める上でプレイヤーのテクニックへの依存度はさほど高くなく、武器やパワードスーツといった装備面での強化の方がはるかに重要です(もちろん全くプレイヤースキルが関係ないという事はありませんが)。

また破壊系のミッションがほとんど&撃ちまくり壊しまくりのゲーム内容から、純粋にアクションとしてみると大味である事は否めません。

操作感はさほどストレスを感じる事も無く概ね良好です。
ただ武器変更の際、通常画面にもかかわらずメニューを開くような形で変更しなければならないため、ボス戦のように急を要する際の武器変更でストレスを感じる事がしばしばありました。
ちなみにガンヴァルキリー宜しくのブーストコンボ移動ができるとなかなか快適なのでお試しを。ハレー超人の力も身につけているとは恐るべし大統領。


ミッション数は全部で14。ラストを除き実在するアメリカの主要都市が再現されています。

ミッションは一度クリアしても再挑戦することが可能なので、何度も挑戦して武器開発のための資金を稼いだりもできます。
前述したように武器の攻撃力が重要なので、これができるのは良い事だと思います。またステージ中に隠された捕虜やエネルギーポットには見つけにくいところに配置されたものもたくさんあるので、収集欲のある人も満足できるでしょう。

個人的に遊んでいて不満だったのは谷底や海に落ちると即ミッション失敗になる点と、一部のボス戦でどこに攻撃したらよいのかイマイチわかりにくい点です。
前者は特にステージの最初からやり直しになるのが、後者は戦艦とラスボスがそうでした。通常のステージが撃ちまくりなだけにダメージが通らない敵がいると「?」となる場面がいくらかあったのです。というよりも根本的にボス以外の耐久力メーターが小さくて見づらいと思います。


グラフィックは非常に綺麗ですが、それよりも見所はやはり再現されたアメリカ都市の町並みと、ひたすらに壊れまくるオブジェの嵐、嵐、嵐。個人的にお気に入りなのはラスベガスのカジノホール。走り回るとスロットマシンがぶっ壊れてコインやチップがあたり一面大量に散らばるのが最高です。
上の方ではアクションとしては大味と書きましたが、逆に言えばこの大味さこそが銃弾と破壊の嵐を生み出しているわけですので、これはこれでアリでしょう。
ただ一つだけ不満があるとすれば、ビルや壁のようなステージを仕切っている部分が壊せないという事。ゲーム的に仕方ないのかもしれませんが、あれだけ壊れまくるオブジェの中、焦げ跡や弾痕では満足できません。


音楽は…うーん…残念ながら特に印象に残った曲はありません。どうしても銃声や破壊音、大統領や秘書の声の方に耳が行ってしまうので…。Xbox本体に録音した好きな曲と差し替えることができるようなので、自分の好きな曲(特に熱い曲)でお楽しみくださいという事なのかもしれません。


ストーリーはもう真面目に説明するようなものでもありませんので多くは語りませんが、このストーリーと登場人物たちがメタルウルフカオスを突き抜けさせているといっても過言ではないかもしれません。
巨大戦車をジャイアントスイングしても、スペースシャトルに掴まって(乗ってではない)宇宙へ飛び出しても、終いには流星のごとく大気圏突入しても「なぜなら私はアメリカ合衆国大統領だからだ!」のフレーズで全て片が付く、こんなキャラクターが主人公な時点で私の完敗です。
といいますか、ゲームをクリアする頃には逆にそれが当然だと信じて疑わなくなってしまうくらいです。



これはミッション1にある先代大統領の像を撃った時に出現するメッセージですが、こういった小ネタを仕込んでいるあたりこのゲームのナイスセンスが伺えるかと思います。ちなみに後半のミッションでホワイトハウスに帰ってきたときにも撃つ事ができますが、その時は「お帰りマイケル…でもなぜパパを撃つんだい?」と諌められます(笑)


だいたいこんなところでしょうかね。
純粋にプレイヤーのテクニックを磨くようなアクションを求める人には物足りないでしょうが、そういったことを抜きにしてとにかくぶっ飛んだ(いろんな意味で)ゲームをやりたいという人なら大いに楽しめるゲームだと思います。
ところどころ結構辛口な事も書きましたが、Xbox持っているのならとりあえずプレイしておいてまず損は無いゲームであることは間違いないと思います。







やっぱりこのフレーズがこのゲームの全てを物語っている気がします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/406-e8743de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad