NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

過小評価していたのかもしれない

自分が以前書いたゲーム感想などを読んでると、「あの時は自分の中でそれほどの評価でもなかったけど改めて見てみると実は結構いいのでは?」と思うゲームがいくつかあるわけでして、今回はその中から2つのゲームを取り上げたいと思います。



1つ目はサターンの3DダンジョンRPG「シャイニング・ザ・ホーリィアーク」です。当ブログではお馴染み(たぶん)シャイニングシリーズのサターン第2弾で、ストーリ的にこの後のフォースⅢ3部作へと続く作品でもあります。システム的にはメガドラの「シャイニング&ザ・ダクネス」の延長線上にあたる内容といってよいでしょう。

で、このホーリィアークに対してなのですが、「頻繁に起こる処理落ち・1体ものの敵の割合が増え、耐久力が増えた事・敵の攻撃が全体攻撃ばかりで鬱陶しい」といった具合にどうもダクネスのゲームテンポと比較することで過小評価していたのではないかと反省しているのです。

もちろん上に書いたような事は全体としてゲーム内のテンポの悪くしており、そこへの不満を取り消すつもりは毛頭ありません。

ただそこを抜きにして見てみるとダクネスで物足りなかった演出面の強化、割とオーソドックスなシステム、なかなか趣向を凝らした仕掛け、アイテム集めの楽しみなど、3DダンジョンRPGとしてそこそこ遊べるゲームに仕上がっており、そこまで悪いゲームではないと再評価しているのです。実際何だかんだいって最後までプレイしましたし。
まぁ例によってストーリーは最初から評価対象にはしていないので、ストーリーが重要という人には相変わらずオススメできないのですが。



もう1つはプレステ初期の3Dアクション「とびゲー」こと「ジャンピングフラッシュ!」です。

ただホーリィアークが「悪いと思っていたけど改めて見るとそれほど悪くない」なのに対し、このジャンピングフラッシュの方は「そこそこだと思っていたけど実はゲーム史に残る傑作なのでは」というのが大きく違います。

何を隠そうこのゲームは実は10年以上前に私がプレイステーションで始めて購入したゲームであり、はじめてまともに触れた3Dアクションでもあります。
ですからその思い出補正を割り引いて「3Dアクションとしてそこそこのゲーム」と以前は評価していたのですが、ここ数年3Dアクションにも多く触れるようになって、それが過小評価だったのではないかと思うようになってきたのです。

答えは簡単。
未だ前身の「ジオグラフシール」とシリーズの続編以外にこんな「高く跳べるゲーム」に出会っていないからです。

飛行機や戦闘機のように空を「飛ぶ」のではなく、あくまでジャンプ、しかし3段(裏モードでは6段)ジャンプによって生み出される高度は体感数百メートルといっても過言ではないくらいの高さです。そしてそこから落下する際のスリルと思わず体が浮いてしまうような感覚は他のどの3Dアクションでも味わった事がありません。

もちろん味のある世界観やキャラクター、ポリゴンによる空間構築とゲームデザインで次世代機の凄さを実感させてくれた事など特筆すべき点は他にもあるのですが、それら以上にゲームシステム自体が今でも他に類を見ないほど独特というところに感嘆しています。



昔面白いと思ったゲームが今遊んでみるとそうでもなかったというのは結構聞きますが、このように時間や他のゲームの経験などを経て再度遊んでみると以前のが過小評価だったと気付く事もあります。

一度通った道をもう一度通ってみるというのもたまにはいいものです。

コメント

私も同感です。
シャイニングシリーズに関しては、MD版以外はやったことが無いんですが、ジャンピングフラッシュは名作だったと今でも思える作品ですね。
2やロビットモンジャも、今でも落下スリルの点では高評価して良いと思います。
PS2のスカイガンナーやラチェット&クランク等も、世間的にもうちょっと良い評価があっても良いかと思いますね。

発売時は、いわゆるクソゲー扱いされても、後に名作扱いになる作品は少なくありませんね。
特に中古市場は正直だと思います。
現に、発売から2~3年辺りは投げ売り状態でも、ハードの終焉時期(あえて新作ソフトの発売終了時期と注釈入れます。(笑))には高騰化するソフトはありますしね。
特に、最近サターンソフトは顕著にその現象が出ていますね。

意外な面白さの発見の為にも、リプレイはした方がお得ですね。

  • 2007/01/19(金) 06:15:14 |
  • URL |
  • 登山道 #-
  • [ 編集]

>ジャンピングフラッシュ
PS2以降のハードの表現力ならより楽しくなりそうなシリーズだと思っているのですが、結局現在に至るまで全然出ていませんね。

そういう世間的な知名度が低い中から面白いゲームを探すのも楽しみの一つ…ではあるものの、やっぱり「何でこんなに面白いのに」と思う事は多々ありますね。ラチェット&クランクは未プレイですが、気になってはいるゲームの一つです。

中古市場が正直というのには同意できる部分も多いのですが、逆もあるので個人的にはちと微妙なところです。
「値段が安い=クソゲー」かといえば当時大ヒットして本数が多いからという場合もありますし、一方ホントにクソゲーの場合もあるのでねぇ。値段が高い場合も然りです。

サターンは私が手をつけだした頃には大体相場が固まっていたような気が…。どちらかというと今はドリキャスにその高騰化の現象が起こっているのではないかなと。逆に初代Xboxはまさに投げ売り状態だと思います。

発見するためのリプレイではなく、リプレイした際に再発見(できればプラスに)があるのが私的にはベターなのですけどね。

  • 2007/01/20(土) 11:35:42 |
  • URL |
  • 筆者 #bUOqhcfc
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/412-e63d031e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad