NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ますます落ち込むタイトー

スクウェア・エニックス、2007年3月期第3四半期決算説明会開催タイトーの不採算部門に対する対策を発表


スクエニはさておき、私的に記事中で不安なのはタイトーが家庭用ゲームソフトの販売数を絞ることです。
アミューズメント事業の縮小も気にならないことも無いのですが、アーケードの自社開発を撤退している今タイトー直営のゲーセンに対して特別メリットがあるとも思いませんので。自社基板のType-Xもほとんど置いて無いですし…。

さて、一体何が不安なのかと言いますと、これによってリリースされるシューティングの本数が減ってしまうのではないかなという事です。

翼神やHOMURA、雷電ⅢといったType-X作品はもちろんのこと、虫姫さまや鋳薔薇といったCAVE開発作品、彩京シューティングコレクションなどタイトー販売のシューティングは結構あるわけでして、これが絞り込まれるとなると売り上げの見込めないシューティングはまず間違いなく切られるだろうなという推測です。鋳薔薇ベスト版が発売中止になったのもその一端だと思います。

約1年半前にスクエニに買収された時も先行きどうなるのか不安でしたが、今のタイトーを見ているとそれ以上に不安で、後10年もしないうちに消えてしまうのではないかという気さえもしてきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/425-0ad02f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad