NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

けっきょく北極大掘削

最近は家でドリラー2やらドリルランドを遊ぶ片腹、ゲーセンではGの北極コースにも挑戦しております。

この北極コースの長さは2000Mでブロックは15列という事で一見エジプトと変わらないようですが、構成が極端というのが最大の特徴です。

一例を挙げますと、最初の200Mに存在するエアはたったの3つで、スタートから立ち止まる事は許されない構成です。ところが200~300M区間ではなんとエアが10個以上も逆にもういらないよという思わず言いたくなります。
エジプトまでは各区間にあるエアの数というのはだいたい均等でしたが(もちろん序盤は多くて、終盤は少なくなりますが)、ここ北極ではエアの配置が大きく偏っているのです。
またエア以外でもほぼ2色面に近い3色面や、ある一色と×ブロックが大量のエリアなどブロック配置も極端なシーンが目立ちます。

そうなると今までのような掘り方ではなく、違うスタイルでいく必要があるのかと最初は思いましたが、何回か遊んでいくうちに実は今までとさほど変わらないという事に気が付きました。

といいますのも、エア配置が極端という事は少ない区間はとにかく先を急ぎ、多い区間で一息ついて回復と、実は掘り方の指針がはっきりしているのですね。
エジプトでも2色面や3色面は一息つける区間でしたが、なまじ均等にエアが配置されているだけあって、ペースがおろそかになりやすくもあったのです。

そうは言ってもどうも1300M辺りからはエジプト後半とあまり変わらないような普通のコース構成のようでしたし、最初からブロック落下速度も速いのでやっぱり難しい事は難しいわけなのですが。

とりあえず今のところはホリンガーZで1500Mあたりまで進めているので、前半をうまく乗り切ることができればクリアはそう遠くないような気がします。まぁホリンガーZが使えるのはやっぱり大きいですからね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/439-e364146a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad