NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

移植作品に思う

ご存知のように私はシューティングを中心にアーケードの移植作品をよく購入しているのですが、どうもここ最近ネット上では移植作品、特にタイトーメモリーズやゲーセン族に代表されるレトロゲーム系に対する辛口な意見が多く見受けられる気がします。

しかし例えばメモリーズ2上巻のレイフォースに対して話にならないという人もいれば、全く気にならないという方もいるように、各作品の移植度に対する許容範囲というのは個人によって異なります。アーケードで日常的にプレイしていて思い入れがあるようなら、細かい差異も許せないでしょうし、逆にほとんど触れたことが無ければ気にならないという場合もあります(プレイした事が無くとも変だと感じるほどなら論外ですが)

私の場合だってPSのドリラーGで満足できないから結局基板の方も買ってしまったわけですし。ただ、ドリラーみたいに相場がコンシューマのソフト並に安ければマシなのですが、そうはいかないものの方がはるかに多いわけでして、そう考えると嫌なら基板を買えばいいというのは少々乱暴な意見かとも思います。

SFCやMDの頃は移植といってもハード間の性能差が歴然としていたので、おそらくユーザーも最初からアーケードそのままは無理だと割り切っていた面が多いでしょう。
ところがプレステ・サターンの頃になってくると、コンシューマの性能も上がり、アーケードと遜色ない移植作品が多くなってきました。ST-VやNAOMIのような互換基板の作品が多数増えたのもこの時期以降ですね。

こういう流れからいつの間にか「移植できて当然」というような風潮になっているような気がします。
ここで1つ気をつけなければいけないのは、最近のアーケードの移植作品に関してはさほど酷評は聞かないという事です。最近ので酷いのといったら「翼神」くらいでしょうか。

問題なのは冒頭にも書いたようなレトロゲーム系で、どうもこれらに対しては最近のアーケード作品以上にユーザーの目が厳しい気がします。「今のハードなら十年以上前のゲームなんて余裕で移植できるだろ」といった見方でしょうか。実際にはハードが異なるのですから、単なる性能差だけで解決できる問題ではないのですが…。

かといってメーカー側に全く非が無いのかと言えば、そうとも言えないのもまた事実なのが困ったところです。
例えば最近のアーケード移植ならアリカの大往生やガルーダ、レトロゲーム系ならM2の沙羅曼蛇・ツインビーポータブルのように素晴らしい移植もあるわけでして、これらを見てしまうと本当に移植できないのか、それとも単に手抜きなのかという疑問が湧き上がってきます。

うだうだ書いたところで結局ユーザーにできることといったら、信頼できるところが移植してくれるのを願うくらいしかないのが現状なのですよねぇ。


あるいは「どんな形でも移植されないよりはマシ」というある意味非常に前向き(もしくは後ろ向き)な考え方といいますか開き直りをしてしまうのも1つの手かもしれません。こうするとあの悪名高きサターン版ガンフロンティアやダライアスRでさえも許せ…たら苦労はしませんよねぇ…。

(追記)
レトロゲーム系に対する辛口な意見の原因の1つとして、いかにも出来の悪いエミュレーターで再現しましたという不具合(操作遅延や音が鳴らない等)が見られるのが、ユーザーの怒りを買っているというのはあるでしょうな。

コメント

ゲーム機それぞれに性能の限界はあるわけで。
やはり、日々進化しているアーケードゲームの家庭用移植にも、いずれは限界が来ますよね。

どこかの情報系サイトでも、ケイブの開発者がPS2へのケツイの移植は性能的に無理とキッパリと言い切ってました。
同じく、トレジャーのレイディアントシルバーガンのPS2への移植も無理らしいですね。
しかし、双方ともXBOXへの移植は可能か?という質問に対しては、技術的には可能だがゲーム機の普及率の問題から採算が合わないから作れないと言う回答をしていました。

確かに、XBOXの発売予定表にあったライデンファイターズは、結局開発中止になりましたし・・・

なんとも、切ない話ですね。(汗)

まだ噂の段階ですが、XBOX360で斑鳩と雷電IVが開発中と言う情報が海外で飛び交っているようです。

何にせよ、最新のアーケードシューティングゲームを完全移植出来る次世代ゲーム機に早く会いたいです。(笑)

  • 2007/03/02(金) 20:36:39 |
  • URL |
  • 登山道 #-
  • [ 編集]

日進月歩のアーケードと違って、家庭用機で頻繁に新機種を出すわけにはいきませんからねぇ。

>採算が合わない
ただ無理なだけなら違うハードという選択肢もあるでしょうが、最終的にはやはりここに行きついてしまうのでしょう。一度移植時期を逃したゲーム(大往生以前のCAVE作品とか)がなかなか移植されないのも同じところが大きいでしょうし。
そう考えると、アンデフやエグゼリカの移植時期は非常に幸運だと言えます。

>ライデンファイターズ
おかげでxboxの2Dシューティングは式神とサイヴァリア2しか無いという事態に…しかもそれらもマルチですし。いやまぁ、おそらく2Dシューを求めてxboxを買う人はほとんどいないとは思いますけどね…。


360の斑鳩の話は聞いたことがありますが、雷電Ⅳはまたずいぶん気が早いですな。フランス人といい意外とジャパニーズ2DSTGは海外の方を惹きつけるものがあるのかも(笑)

完全移植可能な次世代機…そんなのが出たとしても、その頃には移植するモノ自体が無くなっているという事態になってなければいいのですが。冗談ではなく、割と現実的だったりするのがまた何とも。

  • 2007/03/03(土) 00:52:40 |
  • URL |
  • 筆者 #bUOqhcfc
  • [ 編集]

>移植するモノ自体が無くなっているという事態
あり得そうな話で、非常に恐ろしいフレーズですね。(笑)

喜ぶべきか悲しむべきか、現在のアーケードシューティングは、オトメディウスやむちむちポークなる奇怪な作品が市場では人気が高くなりつつあるみたいですね。

私の中での期待作でもある雷電IVには、是非とも硬派であり続けて欲しいです。

  • 2007/03/03(土) 20:10:07 |
  • URL |
  • 登山道 #-
  • [ 編集]

そうならないようにコイン入れたり、移植版を買ったりはしているのですけどね…。

オトメなりむちむちを見ていると、奇怪な事でもしないと今の市場は見向きもしてくれないという現実を痛感します。

ふっ、気まぐれフェアリーが存在している時点で雷電は硬派から程遠い…というのは冗談ですが(笑)、私も雷電Ⅳには期待しています。

  • 2007/03/04(日) 00:49:12 |
  • URL |
  • 筆者 #bUOqhcfc
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/453-ac58cf06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad