NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

「凄すぎて何が悪い」と「タフすぎてソンはない」は何か似ている気がする

XBOXの3Dアクション「NINJA GAIDEN」をプレイし始めました。

XBOX買う前から気になっていたタイトルで、一体どれくらいのものかと期待しながら始めて、現在チャプター5まで進んだところなのですが…いや、これはちょっと凄すぎでしょう。凄すぎて何から書いたものか迷うほどです。

パッと見のグラフィックも美しさもさることながら、ゲーム中のキャラクターの動きは躍動感に溢れていて、たぶん知らない人にXBOX360やPS3のゲームだと言っても疑わないくらいのレベルではないかなと思います。XBOXタイトルでも最高峰ではないでしょうかね。

でまぁそれ以上にアクション部分がとにかく凄いこと凄いこと。

ゲームのタイプ的にはギミック突破ではなく、戦闘重視タイプの内容なのですが、こうまで敵が本気で殺しにかかってくるゲームはあまりお目にかかったことはありません。
ガードやコマンド技があることや、開発がDOAシリーズのチームニンジャという事もあってか感覚的には格闘ゲームの要素も感じますが、相手の攻撃を読みきらなければまともに攻撃を当てることすらできない内容は昔ながらのアクションゲームのようでもあります。誇張ではなくアナログスティックやボタン連打で闇雲に攻撃するだけでは最初の敵にすら勝てないでしょう。

そしてそれに対抗すべく用意された主人公リュウ・ハヤブサのアクションもまた凄いです。
刀やヌンチャクを使いこなすのはもちろん、身のこなしを活かした壁走りからジャンプ攻撃を繰り出す事もできます。ガードからの反撃技やジャンプからの首切り投げなど取れる行動も多彩です。連続攻撃からの飯綱落としが決まると気分爽快です。
今後更に技が増えることは予想できますが、とにかく使っていて超人的な気分にさせてくれる事請け合いです。

でも基本的に複数の敵を相手にすることが多いので、前述のように少しでも気を抜くとボコボコにされてしまうあたり、楽なゲームではないです。ボスに至ってはガードは効かないわ、攻撃は当たらないわ、敵の攻撃はアホみたいにダメージ受けるわでシビアさ全開です。さすがにチャプター1のムライで5回もゲームオーバーになるとは思ってもいませんでした。

こういったハイスピード・ハイレベルなアクションが最初に書いたようなすさまじい映像の中で展開されるのです。確かにこんなのは味わった事が無いです。

とりあえず今はまだこの程度ですが、この先どんな強敵が出てくるのか楽しみにして続きをプレイしたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/457-2158b6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad