NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

NINJA GAIDEN雑感

NINJA GAIDENとりあえずノーマルモードをクリアしましたのでいつものごとく感想でも。
ただ正直なところ、一度エンディングを迎えただけではなくて、もう一度最初からプレイし直したり、難易度を上げるなりしてもっとプレイしてから書くべきゲームではないかと思っています。

ですから今回のはあくまでノーマルを1回クリアした時点での感想だという事を予め書いておきます。
いつになるのかはわかりませんが、あっちのほうに書く頃にはもっと長い時間プレイした視点で書けるでしょう、たぶん。


<グラフィック>
前にも書きましたが、このゲームをプレイしてまず驚くのがグラフィックです。間違いなくXBOXの中でも最高レベルの水準でしょう。主観視点で水面を見渡してみてあまりの透明感に吸い込まれそうになるくらいです。
またキャラクターの動きも素晴らしく特に主人公ハヤブサの動きは躍動感に溢れており、これが自分の手で動かせるという事に軽く感動を覚えました。

<アクション>
ジャンルは戦闘メインの3Dアクションですが、ところどころ謎解きやトラップを突破するといったアドベンチャー要素も含まれております。

主人公ハヤブサは忍者というだけあって身のこなしは軽く、壁走りをはじめとしたいくつかのアクションを持ってはいますが、戦闘メインのゲームなので謎解きでそれらが必要な場面はさほど多くはないです。

そしてこのゲームのメインとなる戦闘ですが、ボタンの組み合わせによって変わるハヤブサの攻撃やガードである程度の攻撃を防げる事などから純粋なアクションに対戦格闘の要素を取り入れた感じです。

<難易度>
開発者自ら高めを意識したというだけあって、確かに簡単ではありません。ほとんどは1対複数という状況で繰り広げられるザコ戦ですが、このゲームではザコ敵といえども闇雲に攻撃しているだけではガードされてダメージを与えられないようになっており、それどころか気を緩めればあっという間にこちらがやられてしまうような調整になっています。
とはいうものの、ガードの性能が高く、理不尽に袋叩きに合うような事はないので、しっかりと考え攻撃すれば十分対応できる難易度でしょう。攻撃した際の手応え・ザックリ感は非常に気持ちよいです。

問題はボス戦でこちらはきついです。
といいますのも、全体的にガード不可でダメージ高めな攻撃が多く、1発で体力ゲージの半分持っていかれるようなシーンもざらです。
とにかくボスの攻撃パターンやタイミングを見切ってうまく回避できるようにならないと冗談抜きでチャプター1すらクリアできないかもしれません。
しかしやはりこちらもきつくとも理不尽という程ではないです。諦めずに何度も挑戦するうちに攻略の糸口を見つけ、強敵を苦労して打ち倒した時の達成感は筆舌に尽くしがたいものがあります。

全体的に見ればアクションにそこそこ自信がある方なら十分通用する難易度だと思います。アクションが苦手な方にはオススメしませんが、それは最初から意図されていることですし、別に問題とは思いません。

<操作性・レスポンス>
アクションで重要な操作性ですが、特にストレスを感じような場面は無く、全体的になかなか快適だと感じました。

それと目立たないですが非常によくできているのが戦闘時におけるホーミング性能…とでも言いましょうかね。
普通3Dアクションといいますと敵の方を向かなければ攻撃が当たらないのが当然ですが、このゲームでは方向を定めなくとも自動的に近くの敵に向かって攻撃をしてくれます。このときの捕捉性能が抜群に優れているのです。
敵にガードされる事や回避される事はあっても、あらぬ方向に攻撃してしまうとかそういう無闇にストレスを増長させるような事はまずありません。
ザコ・ボス戦ともに防御行動に気を遣うシーンが多いので、攻撃に余計な気を遣わずに済むのは本当にありがたいです。

<音楽・ストーリー>
この2つは正直無いに等しいです(笑)
まっ、アクションをがっつり楽しむゲームなのでどうでもいいと言えばどうでいいですが。

<それ以外で特に気になった不満点とか>
・戦闘メインのゲームのため、謎解きにどうも蛇足感が否めません。しかも謎解きといってもアイテムを持ってくるだけなどのお使い要素が強いので時間がかかるとイライラ度アップです。

・操作性は気にならないと書きましたが、水中での操作だけは進む方向がわかりづらいと思いました。

・せっかく用意された忍法があんまり使い道が無いような気が…ボス戦での緊急回避がメイン?


大体こんなところでしょうかね。
クリアまで20時間くらいかかりましたが、謎解きで結構手間取った場面も多かったので、2回目以降は半分以下の時間でクリアできるでしょう。

確かに簡単なゲームではないでしょうが、時間をかければ回復アイテムを揃えることはできますし、そうしているうちに自然と戦い方も身についてきます、大事なのは根気です。

全体的にはアクションとしてはかなり良くできた骨太なゲームだと思います。よくグラフィックが優れたゲームは中身がスカスカみたいなことが言われますが、少なくともこのゲームでは全くそんな事はないです。見た目も凄ければ、それにも増して内容も凄いです。極端な話アクション好きならこれ1本のためだけにXBOXを買ったとしても損はないくらいのレベルかと。

それとここからは余談ですが…何というのでしょうか、全体的に海外を意識した雰囲気がするゲームですね、コレは。
主人公ハヤブサなどその最たる例で、宙を舞いド派手な忍法で人間・怪物・果てはヘリや戦車までも蹴散らすその姿はいかにも海外の方が喜びそうな忍者像なのです。
他にも難易度、ハンマーやヌンチャクといった武器などなどいろいろあるのですが、こういった海外向けの雰囲気というのもXBOXの事情を考えれば別に不思議な事ではないのですけどね。
むしろこれだけレベルの高いアクションが日本発だという事の方が喜ばしいです。



(ひとりごと)うーん、やっぱりどうも最近以前にも増して文章をまとめる力が下手になっている気が…。もう一度書く時にはもう少し要点をまとめて書こう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/462-0b154afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad