NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

買われる前に買って砕ける前に撃て!!

前回挙げたタイトルの中に雷電Ⅲの名前が入っていましたが、そういえばこれまでたまに一例として名を出す事はあっても、きちんといちタイトルとして雷電Ⅲの話をしたことは無かったような気がします。




という訳で今回は結構前の時点で買っていたPS2版の雷電Ⅲについて少々。

…とはいったものの、やっぱり今まで特別取り立てて話をすることが無かった事からもわかるように、別に新しいシステムや特別な内容があるわけでもなく、改めて書くこともないかなーなどとプレイしていると思ってしまうわけでして。



グラフィックの感じは全体的に斑鳩系統を思わせるようになっており、また背景が高速で流れるシーンも多かったりで初代やⅡと比べるとどこか「軽い」印象がするのは確かです。音楽もスローテンポな曲調ではなく、やはり軽快な印象の曲が多いです。

しかしそんなのが気になったのは最初だけで、数回プレイしているうちに自機の動きや敵の攻撃パターンなどからコレは間違いなく雷電だと身体が確信してしまうくらい中身は雷電なのです。



こんな風にフェアリーに振り回されるのもまさに雷電です。


でこのようにスタンダードでまさに正統派シューティングと呼ぶにふさわしい雷電Ⅲなのですが、それゆえに近年のシューティングの中ではシューティング入門として最も薦められる作品かもしれません。

確かに難易度で言えばカラスやエグゼリカ、ガルーダなど比較的簡単なものはあるのですが、それらはある程度シューティングをこなしてシステムなりルールを(例えば当たり判定は見た目より小さいとか、弾幕に引かないとか)知っているからの話であって、敷居まで低いとは言い難いものがあります。

その点雷電Ⅲは見た目で引かれるような弾幕も無く、撃って倒し、撃たれた弾を避けるというシンプルな内容です。
ボスの攻撃も弾速こそ速いですが、理屈は簡単なものばかりです。弾幕シューのように長時間避けを強いられる場面などまず無いです。いや、そんな風になる前に決めボム+張り付きバルカンで速攻をかけるくらいがちょうどいいのです。

まさに「砕ける前に撃て!!」というキャッチコピーの通りではありませんか。
また自分がミスした時の理由もわかりやすく、対策も立てやすい、結果として上達も実感しやすいのです。(ちなみに私は前回の時点ではイージーで6面でしたが、あの後クリアできたので今はノーマルに戻してプレイしています。)
ボムが即効性になっていたり、違う種類のウェポンを取った時もパワーアップしていたりと細かい点で遊びやすくなっているのも好感触です。

なおPS2版自体の移植度も非常に良好で、むしろアーケードの時よりもいいような気さえします。幅広い難易度設定や、リプレイ、ボスラッシュ、ステージセレクトなどいろいろモードも充実しているので設定面でケチをつけるような部分はまず無いでしょう。TypeXシューティングの中ではダントツでしょうな。といいますか他が…



ギャラリーで機体観賞モードもアリです。L1かR1でモデルをグリグリ回せるのですが、ボタンを押し続けているとものすごい高速回転になります。サイヴァリアのローリングやトゥエルブスタッグのサイドアタックみたいでなんか楽しいです。


タイトー販売なのでベスト化すると思われがちかもしれませんが、普通に定価でも損はない出来だと私は思います。実際中古も4千円台とあまり値下がりしていないようですし。そう考えると興味のある人や欲しい人は公式の宣伝文句宜しく買われる前に買えという事ですな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/472-ad4d63e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad