NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ミスタードリホー

「牛の出るゲームは良いゲーム」(by外山雄一)というのは一部で有名ですが、似たようなものとして私の中では「ドリルを使うゲーム(特にアクション)は良いゲーム」というのがあります。
こうやって書くとネタにしか見えませんが結構本気ですよ。

そしてその考えの基、先日からXBOXの穴掘りアクションアドベンチャー「ドリホー」をプレイしております。

どういうゲームかと言いますと、ミスタードリラーの3D版…みたいなのとは程遠いです。
ドワーフ親父の主人公「ダンク」を操作して地中を掘りまくり、お宝と遺跡を発掘して歴史の謎を解明するというえらくストイックな内容です。



落盤事故で全滅したチームの遺志を引き継ぎ、1人発掘に向かうダンク。発掘エリアの地上の自由な位置からトンネルを掘る事ができます。



冗談抜きでこの真っ暗な地中での発掘作業がゲームのメインです。ドリルを手にひたすら掘って掘って掘りまくるのです。




そうして掘りまくっている中で、壊れた石柱や遺跡の破片といった遺跡の手がかりが地層に現れてきたらその近辺に遺跡が存在している証拠です。




遺跡の入り口発見。どんな財宝が眠っているのか、ワクワクしてきます。



遺跡内部ではドリルをハンマーに持ち替え、襲いくる怪物や古代の守護者を蹴散らしつつ、財宝と歴史の謎アイテムを探すのです。



そうして手に入れた財宝は街に持ち帰って鑑定してもらい、換金もしくは自分で使います。そして歴史の謎アイテムは考古学者に解読してもらうことで、少しずつこの地の歴史の真実を解き明かしていくのです。

ゲームの流れは基本的にこれの繰り返しです。

ある程度真実が解明されると、現在の発掘エリアに存在する大遺跡の存在が明らかになり、そこには今まで以上に重要な歴史の謎を解明する手がかりとそれを守るボスモンスターがいます。

それをクリアしたら次の発掘エリアへ向かい、また次の時代の歴史の真実と新たな財宝を求めて地中を掘るのです。


最初の1時間くらいはひたすら地中を掘っているだけで何も起こらず全然面白くなかったのですが、一つ目の遺跡が見つかった辺りから少しづつこのゲームの面白さが感じられるようになってきました。
はっきり言ってやっていることは地味極まりない上に単純ですが、それゆえに妙に没頭してしまいます。






このどこからどう見てもごついドワーフ親父が主人公のダンク。体力が減ったらビープ(間違いなくアルコール)を飲んで体力補給。プハァーというのどごしが非常に良さそうな音がトンネル内に響きます。

発掘・財宝・歴史解明という男のロマンを匂わせるゲーム内容に加えてこのようにオヤジ臭さ全開ですが、更に輪をかけるようにギャルどころか、女性キャラすら1人も見当たりません。ここまであってはさすがにこのゲームを硬派と呼ぶ事に異論を唱える人はまずいないでしょう(苦笑)

いくらXBOXとはいえここまで色気もへったくれも無いゲームとは、ホントにこのゲームを売る気があるのかどうか疑わしいくらいです。しかし、私のように引っ掛かってしまう人間もいるのですから、あながち間違いとも言い切れないのかもしれません。

まだエリア1が終わった程度(全部で4エリア)なので、結論を出してしまうのは早い段階ですが、「ドリルを使うゲームは良いゲーム」の一例がまた1つ私の中に加わりそうな雰囲気はしております。

コメント

はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://you2youmovie.blog96.fc2.com/blog-entry-238.html

  • 2007/04/03(火) 06:52:33 |
  • URL |
  • You2You #-
  • [ 編集]

こんにちは!

私のゲームニュースサイトで
こちらの記事の紹介をさせて頂きましたので
コメントしました。

紹介記事は
http://gametetuya.blog98.fc2.com/blog-entry-152.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

  • 2007/04/03(火) 16:30:41 |
  • URL |
  • ゲームっ子 #-
  • [ 編集]

よりによって何でドリホーなのかは本人ですら戸惑うところですが(発掘とかXBOXとかそういうキーワード?)、別に悪いことではなさそうなのでどうぞご自由になさってくださいな。

  • 2007/04/04(水) 17:00:41 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/475-d2c648fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad