NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ゼルダと3Dへの苦手意識

蒼炎のマニアックもクリアしたし、雷電DXの初級も何とかクリア(結局エクステンドアイテムは右下でボンバーを使って耐えるという方法で解決)できて一段落ついたので、次は何を始めようかのうと押入れを漁っていたところ、GC版のゼルダ時のオカリナが出てきたのでそれの裏モードを始めようかどうか迷っております。

GCはドリルランドと蒼炎の事ばかりで裏ゼルダの事をすっかり忘れていましたが、記憶をたどってみると実は一番初めに手に入れたGCのソフトがこれだったりします。当時まだGCを持っていないのにこの特典ディスクの為に風邪の琢人さん…じゃなくて風のタクト(アスカ繋がりの人じゃないと分からないでしょうなぁ…)を予約したくらいでしたから、それくらい欲しかったんでしょうな。ちなみにタクトは早々に売った挙句、現在まで未プレイだったりします。

それはさておき、その裏モードをプレイするのをなぜ迷っているのかという事なのですが、実を言いますと昔64で時のオカリナをプレイしたとき、謎解きにおいて最初から最後まで攻略本のお世話になったくらいでして、その事から非常に苦手意識があるのです。

一応言い訳させていただきますと、それまで初代ゼルダや神々のトライフォース、夢を見る島などの2Dゼルダは攻略本に頼らずともクリアしてきました。(APE本なんで攻略本自体は持っていますが)

ところが3Dの時のオカリナをプレイしたとき、これが全くといっていいほど謎が解けなかったのです。どれくらい酷かったかといいますと、最初の剣すら自力で見つけられなかったくらいです。
中ボスやボスなどの戦闘に関しては特に問題は無かったのですが、とにかく謎が解けなくて攻略本無しでは投げ出してもおかしくなかったくらいです。

もちろんだからといってゼルダがクソゲーなどということは全く無く、時のオカリナの内容がすばらしい出来映えであるということは十二分に承知しております。原因は私自身にあります。

でその原因なのですが、どうも3Dゲームにおける空間認識力の欠如…とでも言いましょうか、ゲーム画面を見ていてもどこに何があるのか・自分がマップ上で今どこにいるのかといった事の把握が苦手だったからなのです。画面上から得られる情報が頭の中で整理できなかったのですな。ナビィがあっても把握できなかったくらいですから相当なものです。一つ注意していただきたいのがいわゆる「3D酔い」というのとは全く違う事です。

これは時のオカリナだけに限らず、当時の他の3Dアクションゲーム(ジャンピングフラッシュ・クラッシュバンディクー・マリオ64など)でも同じような経験をしました。世代的に2Dから3Dへの移行が盛んな時期で、まだ3Dアクションというものに慣れていなかったのも大きかったでしょう。ローポリで表現力が低かったというのも分かりにくさに拍車をかけていたのも否めません。

さすがに現在はかなり慣れてきましたが、それでも時々は似たような感覚に陥ることはありまして、最近だとガンヴァルキリーやNINJA GAIDENをプレイしていたときたまに迷ったりしました。

現在私が2Dゲームを多く好むのも当時のこういった経験が少なからず影響しているのは間違いないでしょう。


んでGC時のオカリナの裏モードなのですが…実はそれの攻略本(ドリマガの)もソフトと一緒に見つかりました。なんとまぁ用意のいい事で…>4年くらい前の私
いやしかし!今ならばきっと攻略本に頼らずとも自力でクリアできるはず!よし、始めてみることにします。

…やっぱりどうしても詰まるようならその時は頼る事にしよう…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/490-dcf080de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3D酔い3D酔い(スリーディーよい)は、テレビゲームをしている最中に起こるとされる症状の一つ。正確には映像酔いの一種である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD

  • 2007/09/29(土) 15:39:28 |
  • ゲームっていいね

FC2Ad