NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ショックトルーパーズセカンドスカッド

2日前から「ショックトルーパーズセカンドスカッド」を遊びまくっております。




かなり前に一度だけプレイしたことがありまして、その時のが結構印象に残っていたのですが、いやはやムチャクチャ面白いですな、このゲーム。

ここでそんなタイトル初めて聞いたよという方も多いでしょうが、移植されているのがネオジオROMのみでかつ知名度も高くないので仕方の無いところでしょう。そのくせ後期ネオジオの例にもれず、中古相場がとんでもないことになっているので気軽に入手できるタイトルではありません。冗談ではなく下手すればこれ1本で現在の次世代機(変な表現だ)3つすべてが買える位なのではないでしょうか。

無論そんなお金などあるはずありません。

ところがこれがMVS(業務用ネオジオ)用のROMとなると話は別でして、万札一枚で余裕でお釣りがくるほどの相場なのです。
基板よりもはるかに安い値段でほぼ同じ内容のゲームが遊べることがウリだった家庭用ネオジオと現在では見事に逆転しております。それもMVSが過去アーケードに大いに貢献し普及したおかげであるのですが、なんだか不思議なものですな。
何にせよ私にとっては非常にありがたい事であることには違いありません。基板環境一式は既に揃っていますので追加で揃える物も特にありません。




ショックトルーパーズセカンドスカッドを遊ぶにあたって、せっかくなのでヘッドホン端子を追加してステレオで聴けるように…まぁステレオミニジャックを半田付けしただけなんですけどね。JAMMA接続だとモノラルになってしまうのですが、これならステレオで音楽を楽しめるのでこの違いは結構大きいです。スピーカー端子をつなげるという方法もあるのですが、いろいろ面倒な点もあるのでそちらは無視します。









そんなわけで改めてショックトルーパーズ2(長いので省略)ですが、ジャンルはアクションシューティング、「メタルスラッグ」のような横画面ではなく「戦場の狼」タイプの見下ろしタイプのゲームと分類すべきでしょうか。

全5ステージ、撃って撃って撃ちまくって敵を蹴散らすのが目的のとってもわかりやすい内容と派手な演出、熱い音楽が爽快感をもたらしてくれます。それら以外にも多段ヒットする自分の攻撃や豊富なアニメーション、接近攻撃によるスコア&アイテム稼ぎなど見所多数です。処理落ちの多さがやや気になるところではありますが、いろいろ派手なので見逃すことにしましょう(笑)

プレイヤーキャラは左からレオン(タフガイ・高火力・鈍足)エンジェル(カッコいい姉さん・バランスタイプ)ルル(元気娘・ワイドショット・機動力重視の紙装甲)トーイ(お調子者・貫通レーザー・バランスタイプその2)の4人なのですが、一通り使ってみて私にはルルが使いやすいかなと感じております。
このゲームとにかくいろんなところから敵が出てくるので、ルルのワイドショットの掃討力が頼りになるんですよね。
攻撃力と耐久力は低いですが、ジャンプが無敵というシステムもあってそこらへんはテクニックでカバーする気概です。

今のところ最高で5面まで到達できているので、クリアだけならそれほど遠くないような感じはしています。

久々に熱いアクションでもありますので腰を据えて楽しみたいものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/516-17aeaf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad