NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第5話感想

実家に置いてあった6・7合併号を読んだものの、読み返しのためにやっぱり買っておこうと思ったのですが、発売から1週以上過ぎているためどこにもジャンプが置いてありません。
これはもう2000ヤバスくらいはいくなと後悔していたところ、5軒目のコンビニでボロボロの装丁のを1冊だけ発見したので仕方なくそれを買って読み返しております。

という訳でサイレン第5話感想。
いや、ちょっとこの富士山は無いでしょう…。

もう今週はそれに尽きる…というのは冗談ですが、このページのインパクトが強すぎた(悲しいことにマイナス方面へ)のは事実です。

私がデザイン云々の話をするのもおこがましいですが、富士山といえば遠くから雄大な姿が一望できるほど裾が広がっているのが特徴ではないでしょうか。それなのにこのページの山の裾は短すぎるわ、アゲハとの距離が近いのに全景が見えるわで全く富士山に見えません。ラストのアオリ文が無ければ富士山と気づかない人も多いのではないのでしょうか。
そしてその一見富士山に全く見えない山を見てアゲハが絶望(まさしくorzの状態)しているのですから、読者からすれば何に対してそんなに絶望しているのか「?」となってしまうのです。

ストーリーの流れ的には「富士山を見てこの荒廃した場所が実は日本だった」という絶望感を表現しようとしているのでしょうが、これにしたってこの世界に来たいきさつ・ムカデやアルフレッドをはじめとした化け物・死んだ人間が灰になって崩れる・極めつけは第2話での雨宮の「これはゲームでクリアすれば元の世界へ帰れる」という発言などから判断すれば、ここが現実では無いということは容易に予測が付くわけでして、だから余計に富士山とアゲハの絶望シーンが滑稽に見えてしまうのです。この世界へきてから短い間にいろいろあって混乱しているというのなら分からないのでもないですが…まぁ第5話までのアゲハの発言・行動を見てみるとそれはあまりにも好意的な解釈でしょうね。

期待していた能力覚醒も今回の話を見ていると無さそうですし…石で球みたいのを割って倒すというのも地味すぎる…「大事なもんなんだろ!!?」というセリフはダサ熱くて結構好きですが。

うーん…このままだと私の中ではホントに第1話がピークのまま終わりそうな雰囲気になってきました。雨宮のキャラは面白いのですが、それ以外見るところが…何かストーリーがあんまり乗らないと絵まで気になってきますし。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/545-f33087fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad