NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第10話感想

か、川背さんが…今週号の表紙めくったら海腹川背ポータブルの広告がっ!
まさか川背さんをこんなところで見るとはまったく予想だにしておりませんでした。

そんな川背さんに驚きつつのサイレン第10話の感想です。
なにこのひめのんみたいな雨宮。何かますます安定してないのが売りのキャラになってきているような。

今週一番気になったのはマツリ先生がサイレンのゲームのクリア者であるにも関わらず、謎を解明できていないという部分です。クリアしていく過程で解明されるのかなと思っていたのですが、こうなると現代で禁人種の元凶とのバトルor謎解きというセンも濃くなるでしょうな。

それにしても初回をクリアしないとテレカのメッセージを読めないとは、飛龍のセリフ通りずいぶんひどい話です。漫画の都合とはいえ、今回のアゲハ達における雨宮のような経験者がいない場合まずクリア不可能なのではないかと。実際アゲハの話を聞かなかったばかりに他の連中はあっさりやられてしまったわけですし。
そしてせっかく生き残ったのに今回の説明から省かれている蝉谷のオッサンがかわいそうです(笑)

次回からアゲハ達のサイの修行が始まりそうですが、どんな能力になるのか楽しみです。
バトルものにおける主人公の特殊能力というとパワー系が定番ですけれど、イメージ的に飛龍の方がパワータイプっぽいのでどうなることやら。あのタフネスさがすでに特殊能力の気がするのにはもう目を瞑りましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/563-76121da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad